実はお婆ちゃんっ子!?三四郎・小宮、相方との幼少期の想い出語る

By -  公開:  更新:

27日(金)深夜放送のラジオ番組『三四郎のオールナイトニッポン0(ZERO)』で、パーソナリティでお笑い芸人・三四郎の小宮が、祖母が振舞ってくれた食事の思い出を語った。

放送日と同日、早実・清宮幸太郎の交渉権を獲得した日本ハム・栗山監督が指名挨拶の手土産に、清宮の好物 “柿”をプレゼントしたことが、各メディアで取り上げられ、番組でもこの話題に。小宮は、“柿”という言葉に反応して「柿は良いよねえ。昔を思い出す」と懐かしみ、祖母の家の庭には柿の木が生えていて、相方の三四郎・相田が遊びに訪れたときにも振舞われたという。

小宮:昔、相田が僕の家に来たとき、お婆ちゃんが柿を出してくれたでしょう?

相田:んー、覚えてないなあ

小宮:覚えてないの!?

相田:小宮の家で、お婆ちゃんがウナギを出してくれたのは覚えているよ。あの時は「ウイニングイレブン(サッカーゲーム)でもやるか~」って言って小宮の家に行って、でも、カレーか何かを食べた後でお腹がいっぱいで。お腹がいっぱいだから、って言っているのにウナギが出てきたの

小宮:あのとき、相田はウナギを残したからね。何でウナギを残すの?

相田:お腹がいっぱい、って言っていたじゃん

小宮:それは申し訳ないけれども、せっかく振舞ってくれたのに

相田:全部は食べられないよ

小宮:ウナギだよ?ウナギなんて、いくつでもいけるわ!贅沢過ぎるよ

相田:小宮はお婆ちゃんっ子だから。残ったウナギも食べていたもんね

小宮:「みんなね、喜んでいたよ!」って言って、お婆ちゃんにバレないように食べた

相田:優しい

小宮:あのウナギと一緒に、柿も出ていたんだよ?

二人とも満腹の状態で鰻と柿が出されたが、祖母を気遣い、残ってしまった食事も食べていたという小宮。このあと、“柿”トークに話題は戻り、好きな熟れ具合を挙げコンビニでの“カット柿”販売や、ゼリーメーカーたらみへの“柿たっぷりゼリ―”の商品提案をして盛り上がっていた。

番組情報

三四郎のオールナイトニッポン0(ZERO)

毎週金曜 深夜 3:00 - 5:00

番組HP

大ブレイク中のお笑いコンビ三四郎が金曜の深夜に大はしゃぎ! おもしろナイトにカモン!カモン!! みんなでワイワイ騒ごうぜ!

Page top