菅田将暉がショック!「僕は生田斗真くんのことを分かっていない」

By -  公開:  更新:

27日(月)深夜放送のラジオ番組「菅田将暉のオールナイトニッポン」で、パーソナリティの菅田が、舞台『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』で初共演した生田斗真と“人狼ゲーム”をした際、生田の演技にあっさり騙されてしまったことを明かした。

11月26日(日)に千秋楽を迎えた舞台『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』。打ち上げの席で“人狼ゲーム”をすることになったという。「市民」と「人狼」に分かれ、話し合いと推理で人狼を見つけ出す、会話型心理ゲームである“人狼ゲーム”、役者たちによる勝負は白熱したものとなり、菅田は生田のウソを見破ることが出来なかったと語った。

「人狼ゲームの1回戦、僕は市民で、隣には生田斗真くんがいて。斗真くんが怪しい、という雰囲気になった時、斗真くんは『いや!俺は市民だから!』って訴えたんです。それで僕は、『斗真くんは市民だと思う。何故かというと、稽古を含めて2か月間、ずっとコンビを組み、芸人さんのネタ合わせのごとく、いつも二人で舞台の台詞をブワーっと喋ったり、号泣したりしてお芝居をした仲。もう、僕は斗真くんのことが何でも分かりますから!斗真くんのこの顔は、本当のことを言っている顔。だから斗真くんはシロです!』って言ったんです。

そうしたら斗真くんも恥ずかしそうに『やめろや(笑)』って言ってきて、『ほら、その“やめろや(笑)”が本音じゃないですか』って返して。そうしたら斗真くんが人狼でした……。役者やなあ。僕は、全然斗真くんのことが分かっていなかった。ショックでした。」

”何でも分かっている”と強気に言い放ったものの、見事に策にはまった様子を、「あれはせつなかったよ」と同舞台の演出家・小川絵梨子から言われてしまったという菅田。「自信が無くなりました」と、生田の嘘を見抜けなかったことを嘆いた。

番組情報

菅田将暉のオールナイトニッポン

毎週月曜 深夜 1:00 - 3:00

番組HP

映画・ドラマ・CM、そして歌手としても活躍する菅田将暉が、毎週月曜日のオールナイトニッポンで2時間トーク!メールは毎週様々なテーマでお待ちしています。


Page top