小芝風花・藤田ニコル・西銘駿、新成人の抱負を語る

By -  公開:  更新:

オスカープロモーション所属の女優・小芝風花、モデル・藤田ニコル、俳優・西銘 駿(男劇団 青山表参道X)が、今年、新成人を迎え、3人揃っての成人式記念撮影を行った。

小芝風花は昨年4月にひと足先に20歳となり、西銘 駿と藤田ニコルの2人は全く同じ生年月日(1988年2月20日)であることに驚き、これから迎える20歳への期待などを3人で語るなど、同世代ならではの楽しそうな雰囲気で撮影は行われ、新成人を迎える3人はそれぞれ抱負を語った。

小芝風花は、『大人の仲間入りをさせて頂くと言う事で、まだ少し不安はありますが、ここまで育ててくれた母や周りの方々に感謝して、少しでも恩返しが出来るようこれからも頑張りたいなと思っています。』と、成人式を迎える今の気持ちを語り、今回着ている振袖に関して『緑のお着物を着させて頂いたのは初めてだったのですが、20歳という事もあり、落ち着いていて、でもお花の柄が色鮮やかで、すごく華やかなのでお気に入りのお着物です。』と語った。

また、20歳になって最初にやりたいことに関して『20歳になったら、一番最初に母とお酒を飲みたいと思っていたのですが、4月が誕生日だったので、無事に夢が叶いました。』と語り、どんな大人になりたいかという問いには『いろんな方のお話を聞いて、物事を柔軟に取り入れられる人になりたいです。そして、自分の意思をしっかり持ちたいです。』と抱負を語った。

藤田ニコルは、成人式を迎える今の気持ちを『成人まであっという間だったなって思います。まだ20 歳にはなってないけど、成人になるので大人になる自覚を持たなきゃなと思います。』と述べ、今回着ている振袖に関して『着物は王道ではあるけど、赤の着物を着たくて選びました。大きい柄が沢山で自分にぴったりな着物だと思います』と語った。

また、20歳になって最初にやりたいこととして、『20歳になったらお母さんとお酒をのんでいろんな話をしたいです。』と語り、目指す大人像として『嘘をつかない大人になりたいです。自分に対してもそうだし、逆に言えばずっと変わらずこのままでいたいです。』と語った。

男劇団 青山表参道Xでも活躍する西銘 駿は、『待ちに待った、成人式です。』と、成人式を迎える今の気持ちを語り、袴を着ての感想を『改めて袴を着ている自分を見て、大人になったなと感じました。』と語った。

また、20歳になって最初にやりたいこととして、『初海外旅行!!行き先は韓国。』と述べ、目指す大人像として『童心を忘れず、社会人としての常識も兼ね備えた、ユーモアのある大人の男性になりたいと思います!』と語った。

Page top