miwaの憧れは“部活”!「感動を共有したい」

By -  公開:  更新:

2月21日(水)夜放送の『miwaのオールナイトニッポンPremium』で、パーソナリティのmiwaがスポーツについて語り、部活に憧れを抱いていることを明かした。

番組冒頭、「フィギュアスケート男子で羽生選手が金メダル取ったり、スピードスケート500mで小平選手が金メダル取ったり、カーリング女子もね、おやつが話題になってたり…そこ!?(笑)すごいことですよね」と平昌オリンピックに触れたmiwa。「カーリングは、おやつの時間の方が盛り上がってるんじゃないかみたいなところがあって」と語り、選手たちが食べて話題になっている『赤いサイロ』を思わず購入しそうになったと明かした。また、「miwaのライブでも『おやつタイム』を設けますかね!?おやつ食べながら、次の曲は何にする?とか言って」と語り、笑いを誘った。

そんな中、miwaは「スポーツ観戦」というテーマでリスナーからメールを募集。届いたメールを紹介した。

<メール>
スポーツ観戦など、全くしてこなかった人生。本当に疎くて、ルールが曖昧なものが多いのですが、息子が小学校の野球チームに入ってからというもの、月に1度ある練習試合を観に行くのが僕の一番の楽しみになりました。皆、小さいのに立派に変化球を投げたり、ホームランも打つし、負けたら悔しくて泣いてしまう所とかも微笑ましく観ています。練習試合に勝ったら、ポケモンのぬいぐるみを一つ買ってあげることにします。

「良いエピソードだね~、ほっこりする。こういうのあるよね、自分はスポーツとか部活をやってなくても、娘や息子がやる姿を観て、スポーツって良いなみたいな。応援するのって良いなってあるよね~、分かる。

(私も)こういう日が来るのかな?自分の息子が頑張ってる!って、親の方が泣いちゃうみたいなね。甲子園とかでも泣くじゃん!?こっちまで感動して。あれが実際に自分の息子だったらって考えたらね、たまらないですよね。

高校サッカーとかもヤバかったですもん私。『ホイッスル~君と過ごした日々~』という曲で主題歌をさせて頂いてたんですけど。私が観に行った時の決勝(2013年 宮崎・鵬翔 対 京都橘)がPKになっちゃったの。PKでの、一人が背負う責任みたいなのを感じて、ウ~…ってこっちまでなっちゃう。知らない高校生だけど(笑)。でも予選から、その年はずっと観てきていて。

注目選手が居て、山形の予選も観に行ったんですよ。やっぱり地方の予選とかは、コートが国立競技場みたいなコートじゃないんですよ。そもそもグラウンドが狭いから、白線の外側ギリギリに親や同級生が皆観に来てるわけですよ。(シュートを)外しちゃったりするじゃん?もう泣いてるの、女子マネージャーとか。それで予選敗退になるから。ハ~…みたいな。

そういうの大好き、本当良いなって思って。私は部活やってなくて、一人で弾き語りして、中・高を過ごしてきちゃったから。部活で、皆で熱い想いを持ってやるぞみたいなのがうらやましいって気持ちもあって、良いな~って」

普段は一人でギターを練習しているため、上達してもその感動を誰とも共有できないというmiwa。しかし、「ライブでね、やっと共有できる」と語り、自身が行っている弾き語りライブ「acoguissimo(アコギッシモ)」に向けて練習を重ねていると明かした。

Page top