鶴瓶 俳優・大杉漣さんの思い出を語る

By -  公開:  更新:

2月25日(日)放送の「鹿島プレゼンツ 笑福亭鶴瓶日曜日のそれ」。このときの収録は俳優の大杉漣さんの訃報が届いた次の日ということもあり、大杉さんとの思い出が語られた。鶴瓶と大杉さんは共に66歳。

「生きていた年代が一緒だから、かける思いが一緒だった」「家が近所で遊びに行ったりご飯に出かけたりしていた」「みんなに愛される人だった」と、思いをこぼしていた。

中でも、お互いが初対面で挑んだ“ゲストと笑福亭鶴瓶によるぶっつけ本番・台本ナシの即興舞台”「スジナシ」では強烈な印象に残っているという。鶴瓶の家を訪ねてきた大杉さんという設定での即興芝居中、突然大杉さんが机を蹴り怒鳴ったことをきっかけに二人で怒鳴り合い、謝り、泣き、友情を確かめ合うという熱い芝居展開に。お互い初対面で探り合いながら芝居をしていたときに、大杉さんの机がきっかけで壁を破ってぶつかり合えたという。それがきっかけで仲良くなれたこともあり、芝居中の迫力は今でもよく覚えているそうだ。

突然のことにショックを受けている人も多いけど、もしかしたら大杉さん本人も理解できてないかもしれない。そう冗談交じりに表現する場面も。私たちも、もしかしたら大杉さんも、この事実を受け止めるにはもう少し時間がかかるのかもしれない。

大杉漣さんのご冥福をお祈り申し上げます。

鹿島プレゼンツ 笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ
毎週日曜日 16:00~17:30 放送中

番組情報

笑福亭鶴瓶日曜日のそれ

毎週日曜 16:00 - 17:30

番組HP

鶴瓶とリスナーによるハプニング満載のがちんこ・ドキュメント・バラエティー。


Page top