鈴木京香“朝ドラ秘話”「ホテルで合格発表の電話」

By -  公開:  更新:


「草野満代 夕暮れWONDER4」(7月31日放送)に、朝ドラ「君の名は」や「わろてんか」に出演した女優の鈴木京香が出演し、朝ドラにまつわるエピソードを語った。
大学在学中から芸能界で活動していた鈴木京香は、当時、東京ではなく地元である宮城県に住みつつ、芸能活動をしていた。そんな鈴木が22歳のとき、ある転機が訪れる――。

鈴木)当時、宮城県に住んでいたんですが、22歳の終わりごろ、朝ドラのヒロインに決めていただいたのをキッカケに、上京したんです。

草野)そうなんですか!朝ドラヒロインに決まったときのこと、覚えてます?

鈴木)覚えてます。(最終候補の方が)“最後の3人にまで残っているんですけど、最後の最後まで、どなたがヒロインになるかわからないので、準備だけして、東京にいらしてください″って言われたんです。“ただし、東京にきても、落選のお知らせがあるかもしれませんけど”って(笑)

草野)そんな…、NHK、結構アレですね(笑)

鈴木)今思えば、ヒロインが誰に決まったか、世間に知られないように、そういう形になったんじゃないかと思います。だから、どうなるかわからないけど、1泊分の準備と、正装のスーツをもって、東京のホテルの部屋で、合格発表の電話を待つっていう感じですね。

いまでこそ、朝ドラは人気と実力のある若手女優がヒロインを務めるケースが多いが、当時は無名の女優がオーディションから起用されることが多かった。無名女優から、一躍、スターダムへ登るので、まさに“若手女優の登竜門”のイメージだった。

鈴木)当時、朝ドラ「君の名は」の主演をやらせてもらって、街で声をかけてもらうことも増えて、驚きましたし、有難かったですね。

また、朝ドラの演出は、有名監督などではなく、NHKの局員が担当していた。知られざる制作現場の裏側とは――。

鈴木)演出してくださる局員さんは、もちろん、ベテランでチーフの方はいるんですけど、何週目からは、入社数年目の方や、初の演出担当の局員がいたり…。だから、演出家の方も、育てるんです。

鈴木)それは先輩の演出家や、ベテラン俳優陣が言葉ではなく、リハーサルを繰り返して、どういう風にお芝居を作り上げていくか。私も勉強になりましたし、若い演出家の方も、しっかり見ていたと思います。

そんな朝ドラ「君の名は」の現場では、数々の有名俳優が出演。

鈴木)わたしも当時、ずぶの素人でしたけど、みなさんに囲まれて。

草野)ちなみに当時、「君の名は」には、いしだあゆみさん、加藤治子さん、倉田てつをさん、樹木希林さんなどなど…。そうそうたる方々に囲まれて、成長せざるをえないみたいな感じでしたか?

鈴木)そうですね。ドラマが最初の頃は、いしだあゆみさん、加藤治子さんとご一緒することが多かったんですけど。いしだあゆみさんの着物の着こなしや、飲み屋さんの役をやっていたので、タバコの吸い方だったり…、あとはいしださんが現場にいることで、周りが程よい緊張感に包まれたり。そういう得難い経験ができるありがたい1年でしたね。

そして、去年の朝ドラ「わろてんか」のヒロインをつとめる葵わかなの姑役で出演した。過去にヒロインをつとめた鈴木京香は、「わろてんか」ヒロインの葵わかなさんに、どう接したのか?

鈴木)わかなちゃんには“なにかあったら話して?”って言ってましたね。

草野)そうか、京香さんにとってのいしだあゆみさん的な立場ですよね。

鈴木)わたしなんてそんな、全然ですけど…でも、(朝ドラヒロイン)経験者として、なにかできることをしてあげたいと思いましたね。あと、いとおしくなりますね。わかなちゃんの頑張りに、胸が熱くなるというかね。

 

草野満代 夕暮れWONDER4
FM93AM1242ニッポン放送 月曜-木曜16:00-17:40

番組情報

草野満代 夕暮れWONDER4

毎週月曜〜木曜 16:00 - 18:00

番組HP

素敵な音楽&豊かな暮らしを、あなたに!「草野満代 夕暮れWONDER4」

Page top