人気男性声優、“まともな人物”を演じられるのは洋画の吹き替え経験のおかげ?

By -  公開:  更新:

8月23日(木)深夜放送の、ニッポン放送『ミュ~コミ+プラス』にて、TVアニメ『ハイキュー!!』の田中龍之介役などで知られる声優の林勇が出演し、洋画の吹き替え経験とアニメで”まともな人物”を演じることについての関係性を語った。

現在、BSスカパーとアニマックスで放送中の、西義之が週刊少年ジャンプで連載していたマンガ作品を原作とするTVアニメ『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』にて、人間に危害を加えたり事件を起こしたりする悪霊や死霊をあの世へ送る能力を持つ天才少年・六氷透(ムヒョ)の助手である、草野次郎(ロージー)役を務めている林。

個性的な悪霊や魔法が登場するこの作品の中で、いわゆる”まともな人物”であるロージーを演じる際に、自身の過去の経験が活かされているのではないかと語った。

吉田尚記アナ:林さんがロージーを演じている時の声の出し方って、本当に常人中の常人ですよね。

林:声優の仕事として、洋画の吹き替えから入っているので、そういう気が出るのかもしれないですね。

吉田:なるほど、アニメーションキャラクターに声を当てるというよりも、洋画ならではの息づいてる人間の声の感じが出ていると。

林:そうなんですよね。だからロージーやるときも地に足のついた、ちゃんと人間っぽさが出るようにしたいなと思っているので、そこの狙いが(実際に見た時に)感じてもらえているならすごい嬉しいですね。

吉田:林さんは元々、劇団で子役として活躍されていたそうなのですが、そこで「声がわざとらしくならないように」とかは言われ続けていたりしたんですか?

林:いえ、子役時代のレッスンで声優専門のレッスンとかは受けたことないですし、初めて声優に挑戦したときも専門的なレッスンは受けてなかったので、天然でずっとやらせてもらっていました。

これまで、『ジャスティン・ビーバー ネヴァー・セイ・ネヴァー 』のジャスティン・ビーバー役、『ホームアローン2』のケビン・マカリスター(マコーレー・カルキン)役など、数々の洋画吹き替えをこなしてきたからこそ、現実にいそうな人物の声が合うのかもしれないと語った林。その話を受けた吉田は「普通の人物を演じるのが1番難しいと思う」と語り、林の演技力を絶賛していた。

番組情報

ミューコミプラス

毎週月曜〜木曜 24:00 - 24:53

番組HP

音楽、漫画、アニメなどのポップカルチャーをいち早くお届けするラジオ!「ミューコミプラス」


Page top