ゴールデンボンバー・樽美酒、他のバンドでは作詞作曲も担当していた!?

By -  公開:  更新:

9月3日(月)深夜放送のニッポン放送『ミュ~コミ+プラス』に、ヴィジュアル系エアーバンド・ゴールデンボンバーの樽美酒研二が出演し、ゴールデンボンバー加入以前に自身で作詞作曲をしていた過去を明かした。

『女々しくて』などのヒット曲で知られるゴールデンボンバーは、これまでリリースしてきたほぼ全ての楽曲の作詞作曲をヴォーカルの鬼龍院翔が担当しているが、バンド初の試みとして9月1日(土)にリリースのニューシングル『タツオ…嫁を俺にくれ』では、普段はステージ上でエアドラムを叩いている樽美酒が作詞作曲歌唱を担当。

このバンドとしても大きな決断について「思いついてやっちゃった」と笑う樽美酒だが、実はゴールデンボンバー加入前、樽美酒が作詞作曲歌唱を担当していた時期があったという。

吉田尚記アナ:今回の新曲は樽美酒さんが作詞作曲歌唱を担当ということですが、これまでは鬼龍院翔さんがバンドの作詞作曲をしていますよね

樽美酒:鬼龍院だけがずっと作詞作曲をやっていると、彼だけがすごく忙しくなる時期があるんですよ

吉田:それはそうでしょうね(笑)

樽美酒:残された我々3人は、何もやることがなくなっちゃうんですよ。だからこれヤバイなと思って、そこでそういえばということで、僕昔ギターボーカルやってたんですよね、20歳ぐらいの時

吉田:それはエアーじゃなくてリアルに演奏する形で?

樽美酒:リアルなやつです。ちょっとバンド目指していた時期があって、それを思い出して今回は久しぶりに曲を作ってみようと

吉田:え? じゃあ今回が初作詞作曲じゃないんですか?

樽美酒:すっごい昔にあるんですよ、クソみたいな曲『夏物語』っていうのが

吉田:めっちゃ聴きたい! 当時はアーティスト名とかってあったんですか?

樽美酒:当時は『Hellcopter(ヘルコプター)』っていう名前で……(笑)

吉田:Hellcopter!?

樽美酒:英語あんま詳しくないんですけど、地獄行きのヘリコプターみたいな感じで

吉田:地獄行きのヘリコプター歌ってる曲が『夏物語』っておかしい(笑)

樽美酒:あははは(笑)

ゴールデンボンバー以前、過去にHellcopterというバンドで作詞作曲をしたことがあると明かした樽美酒。ちなみにこのバンド名は、当時流行していた青春パンクバンド的な楽曲をやるにあたり、あまりこだわらず勢いでつけたものだという。また番組終盤には、番組スタッフが急遽どこからか入手してきたHellcopter時代の『夏物語』の音源が実際にオンエアされるサプライズがあり、樽美酒は「ちょっと待って!」と恥ずかしそうなリアクションを見せていた。

番組情報

ミューコミプラス

毎週月曜〜木曜 24:00 - 24:53

番組HP

音楽、漫画、アニメなどのポップカルチャーをいち早くお届けするラジオ!「ミューコミプラス」
★9月7日(月)〜10日(木)のミューコミプラスは、「バンドリ リアルバンド大集合スペシャル!」と題して、『BanG Dream!(バンドリ!)』のリアルバンドPoppin’ Party、Roselia、RAISE A SUILEN、Morfonica のメンバーが日替わりで登場します。

Page top