芸能人の認知度と人気は必ずしも比例しない!?

By -  公開:  更新:

11月1日(木)、Webラジオ「コトブキツカサのオールナイトニッポンi」第66回が配信された。

10月17日のさいたまスーパーアリーナ公演を「空席が目立つ」という理由で、ドタキャンした歌手の沢田研二。メディアでも大きく取り上げられファンの間や芸能界でも賛否両論を呼んだこの話題について、「もうだいぶ前のことですが」と前置きしつつ「ジュリーのドタキャンについては、西川史子先生とテリー伊藤さんが見解で対立したという話題もありましたが、その日の捉え方やスタンスによって、意見が変わってくるのは当然のこと。そういう意味では、賛否の両方が正しい意見と言える。ドタキャンしてしまったのは残念でしが、7000人のファンが会場に集まったのは本当にすごい事。」と語ったコトブキ。

その上で芸能人とファンの関係性についても触れている。

「芸能界は“人気”と“認知”が違う世界。人気テレビ・ラジオのすごく有名な番組をやっていて、認知をたくさん得たとしても、本当の意味での人気やファンを獲得するのは難しいんです。」

「10年以上前に、複数のテレビでレギュラー出演していた“ある女性タレント”が音楽活動を始めることになったそうです。デビューライブは中野サンプラザで、約2000人のキャパシティ。しかし、当日になってみたらで200人ほどしか集まらず、大変なことになったそうです。」

「多くの関係者はもちろん、おそらく本人ももっと沢山の人がチケットを買って集まってくれると思ったはず。ただ、実際の集客は10分の1だった。テレビに出て、たくさんの人に知られている“認知”があっても、実際にお金を出して公演を見たい“人気”の層は少ない。これが芸能界の現実なんです。」

また、沢田研二とファンの関係性について「今回のドタキャン騒動で怒っているファンの人はいなかったのが本当に凄い。」

「絶対にワイドショーとしては『チケットを買ったのにふざけるな!』と会場で怒っている人を探し回ったはず。それがどのメディアでも全く流れていなかったということは、沢田研二さんを応援するファンの方の愛の深さ、人気の深さを表している。」とも語っている。

Webラジオ「コトブキツカサのオールナイトニッポンi(第66回)」は、期間限定で無料で聞くことが出来る。

【タイトル】コトブキツカサのオールナイトニッポンi
【メール】 kotobuki@allnightnippon.com
【ハガキ】〒100-8439 ニッポン放送 『コトブキツカサのオールナイトニッポンi』係
【配信日】毎週木曜日
【第66回URL】https://i.allnightnippon.com/p/e_anni_kotobuki_066

Page top