乃木坂46新内眞衣、松村沙友理との韓国旅行でまさかの悲劇

By -  公開:  更新:

1月16日(水)、乃木坂46の新内眞衣がパーソナリティを務めるラジオ番組「乃木坂46・新内眞衣のオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週水曜27時~)が放送。今年のお正月休みに、メンバーの松村沙友理と二人で韓国旅行へ行ったときのエピソードを語った。

「(現地の)ホテルにチェックインしたのはお昼ぐらいで、その日は韓国に行くと毎回行っている明洞や東大門とか、お馴染みの場所に行って。夜は一昨年くらいからはまっているタッカンマリ(鶏肉を煮込んだ韓国鍋料理)のお店でご飯を食べました。

二日目は韓国を新規開拓しようということで、朝から松村沙友理が好きなキャラクターのショップに行って、たくさんグッズを買って。そこから今まで行ったことのないエリアにあるキャンドル屋さんへ行くことになったんですけど、私はここのキャンドルを前に友達から頂いたことがあって。もう、すごく良かったんですよ。香りもいいし、パッケージも可愛いし、女の子が好きな感じのキャンドル屋さんなので、メンバーの衛藤美彩ちゃんが今月に誕生日だから買ってあげたかったんです。だからある意味、この旅の最大の目的で。そこのキャンドルは、ラベルにハングルでメッセージを入れてもらえから“誕生日おめでとう”って入れてもらい、もう大満足だったんです。これはきっと喜んでもらえるぞ!って。」

その後も、可愛い靴下屋さんに行って買い物をし、夕食では感動するくらい美味しいプルコギ屋さんへ行くなど、大満足の韓国旅行だったという。ところが、帰国のために空港へ向かう高速バスに、衛藤のために買ったキャンドルを忘れてきてしまったという新内。「プレゼントを買い直さなきゃ。名前とかメッセージまで入れてもらったのに、本当に悔しい」と、さすがに落ち込んだ様子だった。

Page top