白鳥バレエ 白鳥五十鈴~非日常で雅な世界『平家物語』

By -  公開:  更新:

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に白鳥バレエのプリマバレリーナ、白鳥五十鈴が出演。11月30日に上演される『平家物語』について語った。

鹿児島市民文化ホール-Wikipediaより

黒木)今週のゲストは白鳥バレエ・プリマバレリーナの白鳥五十鈴さんです。よろしくお願いします。11月30日に鹿児島市民文化ホールで上演の『平家物語』。白鳥バレエ創立70周年記念公演ということです。

白鳥)今回の『平家物語』は、オーケストラの素晴らしさがあります。その反面、息を合わせなくてはいけない部分、踊りやすいテンポや情感も含めて、踊る方は大変です。お客様は生演奏と踊りということで、共鳴されるようです。バレエ以外の部分では、照明もとても素晴らしくなっています。足立恒さんという、バレエ界の第一人者の照明の方を、鹿児島までお呼びしています。平家の世界、例えば悪霊の刑があるときにどんな照明になるのか、雅な世界から落ちて行くところを、照明の加減で情感が豊かになる。その舞台の様子を自分も観るのが楽しみです。

黒木)舞台で心がけていることは何ですか?

白鳥)バレエを小さいころからやっていて、これは反面教師なのですけれど、好きな舞台を生で観たときに、なぜこんなに感動しないのかと思うことがあるのです。この演目はとても素晴らしいのになぜだろうと。舞台の効果から、美術の壁に貼っている蔦蔓の雰囲気まで、手を抜いてはいけない。お客様は幕が開いたその瞬間から、非日常を味わえるところへいらっしゃっているのに、それを味わわせないで帰してしまう上演だけはしたくないと思うのです。私たちのやっている生の舞台は、一瞬で消えてなくなるものにお金を費やしている。だからそこに全身全霊をかけなくてはいけないと思います。

黒木)踊りっぱなしでしょうから、相当な体力と熱量が必要ですよね。

白鳥)そうですね。

黒木)鹿児島市民文化ホールというのは、鹿児島市内にあるのですか?

白鳥)鹿児島市内の、桜島を背景にした景色の綺麗な舞台です。

黒木)そうなのですね。地元の方もたくさんいらっしゃるでしょうし、他県からも。

白鳥)他県からも是非、この作品を観に来ていただきたいと思います。

黒木)白鳥バレエ創設70周年記念公演の平家物語は、11月30日に鹿児島市民文化ホールで上演です。今後はどのような目標や夢を持っていらっしゃいますか?

白鳥)私は3代目になるのですけれど、こういう日本人の感性、西洋の美と日本の心の融合を目指した作品を継承しつつ、新たな世代がまた新しいものを作れるような環境を、白鳥バレエでつくって行きたいと思っています。

白鳥五十鈴(しらとり・いすず)/白鳥バレエ プリマバレリーナ

■白鳥バレエ主宰の母・白鳥みなみに師事。4歳からバレエをはじめる。
■高校卒業後、文学座演劇研究所に入所。女優として映画や舞台に出演。
■2000年、ロシアバレエフェスティバル「ロミオとジュリエット」に出演。バレエの感性と女優としての磨かれた演技力で一躍注目を集める。
■2009年、白鳥バレエ創立60周年を記念したオリジナル作品「平家物語」公演。母・白鳥みなみのファイナルステージ。白鳥五十鈴の襲名公演となった。
■地域文化振興のための芸術鑑賞事業、バレエ、ワークショップ、講演など、バレエの創造と普及のための活動に従事。
■2019年11月に創立70周年の記念公演「平家物語」が決定。全幕上演は2009年以来10年ぶり。白鳥五十鈴は平清盛の娘・徳子を演じる。※11月30日「鹿児島市民文化ホール」で上演。

ENEOSプレゼンツ あさナビ(10月18日放送分より)
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 6:43-6:49

番組情報

ENEOSプレゼンツ あさナビ

毎週月曜〜金曜 6:43 - 6:49

番組HP

毎朝、さまざまなジャンルのプロフェッショナルをお迎えして、朝の活力になるお話をうかがっていく「あさナビ」。ナビゲーター:黒木瞳

Page top