「全裸監督」武正晴総監督が、村西とおるに指摘された「足りないもの」

By -  公開:  更新:

映画監督の武正晴が、ニッポン放送「高田文夫と松本明子のラジオビバリー昼ズ」に出演し、自身が総監督をつとめた『全裸監督』について語った。

8月よりNetflixにて配信され、世界中で大きな反響を呼んだドラマ『全裸監督』。“アダルトビデオの帝王”と称されたAV監督で“前科7犯、借金50億”という村西とおるの半生を虚実交えて描き、地上波ではできない過激な題材ということで話題となった本作について、武は「だいぶ怒られるんじゃないかと思いながらやってました。ただ、80年代のあの時期は自分が経験してきたことなので、やろうと思いました」と振り返った。さらに武は、なんとかつてアダルトビデオ店で働いた経験があるという。

そんな武が、『全裸監督』で大変だったことをベスト3にして発表した。

第3位は……「小道具」

劇中に登場するバブル景気に沸く1980年代当時のエロ本、ビニ本、裏本、アダルトビデオなどの小道具は、全て助監督が制作したとのことで、これには高田も「手間かかるね~」と驚愕。

武:ビデオの中身も作るので、女性の股間をずっと撮ってたり。

松本:あはは、大変(笑)

武:それとモデルが大変で、今の子ってみんな綺麗じゃないですか。それを、あの当時のちょっと残念な感じにするのが……。

高田:あの頃のな(笑)

武:作ったものを俳優さんが見て『これ当時のやつすごいね!』って言っていて、『それ、作ったんです』って言ったらすごくびっくりしてましたね。

その小道具は、俳優も驚くほどのクオリティーだったようだ。

第2位は……「ロケ地」

劇中ではアダルトビデオを撮影するシーンが何度も登場することから、ロケ地探しには難航したとのこと。山田孝之演じる村西とおるが野外で撮影するシーンでは、「見切れないようにスタッフが巨大な黒い幕を持って横走ったりしてました」と、当時の状況を回顧。

そのほか、白ブリーフ一丁の村西がヘリに乗ってハワイ上空を飛ぶシーンでは、実際に村西本人が逮捕された出来事をもとにしているが、難航したロケ地はそれだけではなかったという。

武:大学でごはん食べたり、図書館で勉強するのも貸してくれないんですよ。

高田:タイトル聞いただけでアウトだよな。

武:「“全裸”とは何事だ!」みたいなね。日芸にも断られましたもん。

日本大学芸術学部出身の高田も、「日芸に断られたらお手上げだな」と驚いていた。

第1位は……「AV女優・黒木香誕生のシーン」

森田望智演じるエリート女子大生が、村西との運命の出会いによってAV女優・黒木香へと変貌を遂げていくが、その発端となった濡れ場のシーンには、撮影に10時間も要したとのこと。そんな森田に、武は撮影前からさまざまな指導を行なっていたことを明かした。

武:どういうところを訓練して、腹筋と背筋を鍛えてとか。

高田:スポーツだもんね。

武:逆に村西さんの方は、黒木さんに手玉に取られる流れなので、山田さんは一発本番で。

松本:え~!

武:すごく身体使うので、終わるたびにグロッキーで。

さらに、そのシーンでは村西率いるアダルトビデオメーカー「サファイア映像」のチームが録音・ライティングも担当しているが、「あれ、本当にやってて。満島真之介君が本当に録音してるので、『ちゃんと撮らないと使えないから』って言いましたから」と告白。これには高田も「臨場感あるね!」と感心していた。

そして武は、一度だけ会ったことがある村西とおる本人についても語った。自身の監督作『百円の恋』(2014年公開)を観たという村西から、「サクラ嬢(安藤サクラ)のあのシーンは良かったですが、もっとこういう体位で」と言われ、「すいません、そういう映画じゃないんで……」と返事をしたという。

そんな村西に、武からも「村西監督と僕ら、何が違うんですかね?」と質問したところ、「あなたには前科が足りない」と答えられ、「何も言えなくなりましたね」と吐露。これを受け、「もう『前科監督』だな」と高田が笑いを誘っていた。

 

高田文夫のラジオビバリー昼ズ
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 11:30~13:00
(9月23日放送より)

番組情報

高田文夫のラジオビバリー昼ズ

FM93/AM1242ニッポン放送 月~金 11:30~13:00

番組HP

高田文夫先生と、キャラクターの濃~いパーソナリティがお送りする「昼休みのお笑いバラエティー」ラジオビバリー昼ズ!


Page top