氷川きよし、涙「ホントは母の近くに居ないといけないのに……」 想い出の曲、紅白の裏側、そして母への想い

By -  公開:  更新:

限界突破 の原点へズームイン!
ニッポン放送『徳光和夫 とくモリ!歌謡サタデー』
2月22日(土)5時~7時40分 放送

ニッポン放送が毎週土曜日朝の『徳光和夫 とくモリ!歌謡サタデー』。2月22日(土)の放送に、氷川きよしがスペシャルゲストとして登場することが決定した。

徳光和夫の得意分野である「音楽」「スポーツ&ニュース」「人情噺」の3つを柱に、笑いあり! 涙あり! の実感ラジオ番組。今回は、デビュー20年という節目を機に、これまでの氷川きよしを形成してきた過去を振り返る。

青春時代聞いていた想い出の曲や学生時代のエピソードから、ド派手な演出で話題となった昨年末の紅白歌合戦のウラ話を披露。ムード歌謡が大好きな徳光が、氷川きよしの声にピッタリでぜひ歌って欲しいと懇願する曲について熱弁すると「今度歌います」とメモを取る一幕もあり、収録は大いに盛り上がった。

また、2月4日に新曲「母」をリリースしたばかりの氷川だが、自分の母について「体も弱く、生きるか死ぬかの手術を乗り越えた」「母のために東京に出てきて、母に何かしてあげたいと思って頑張ろうと歌手を目指してきた」「ホントは近くに居ないといけないのに……」と想いを語る中、涙で声が詰まる場面も。

さらにスペシャル企画として、20年で演歌にとどまらず様々なジャンルの歌を数多く歌ってきたカバーソングの中から、徳光が氷川の魅力をより引き出していると思った曲を厳選。「限界突破ソングTOP5」と題して1位に選ばれた歌の理由と選曲に氷川も納得。果たしてその曲とは……

収録を終えて、徳光は「氷川きよしがデビューから20年を経て、新たな躍進を、新たな道を切り開こうという気持ちを感じた。今回インタビューして一番意外だったのは、デビューは演歌だったけれど、それ以前はポップ系をずいぶん歌っていたということ。自分がやりたいことをやる、ということがようやく出来るようになって、今まではある意味で作られた氷川きよしが、これからは氷川きよし自身が氷川きよしを作る、そういう時代になったと強く感した」と語った。

「氷川きよし登場!限界突破の原点へズームイン!」と題した「とくモリ」は2月22日(土)放送。

番組概要

■番組タイトル:ニッポン放送『徳光和夫 とくモリ!歌謡サタデー』
■放送日時:2020年2月22日(土)朝5時~7時40分
■パーソナリティ:徳光和夫
■アシスタント:石川みゆき
■ゲスト:氷川きよし
■番組メールアドレス:toku@1242.com
■番組HP:https://www.1242.com/toku/
■番組Twitter:@toku1242
■ハッシュタグ:#とくモリ

◆この番組は、radikoのタイムフリー機能で、放送1週間後まで聴くことができる。
 ⇒ http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20200222050000

Page top