King Gnu・井口理、「最終回」を決断した理由を語る

By -  公開:  更新:

2月27日(木)深夜、4人組ロックバンドKing Gnu(キングヌー)の井口理がパーソナリティを務めるラジオ番組「King Gnu 井口理のオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週木曜27時~28時30分)が放送。番組が、3月26日(木)の放送で最終回を迎えることを報告した。

2019年4月から番組がスタートし、約1年にわたって、プライベートや音楽活動、メンバーのことや自身の生い立ちなど、一人語りのスタイルで放送を届けてきた井口。

この日の番組終盤、3月いっぱいで終了することを報告すると、「いろいろ話したいなと思って」と述べ、決断に至るまでの葛藤を丁寧に語った。

「去年、King Gnuは駆け抜けて、バンドもそうだし自分もそうなんだけど、何か擦り減らしてきた部分がものすごくあって。一人喋りでラジオをやったのも初めてで、拙いラジオもしてきたという気持ちがかなりあって。それが原因ではないんだけどね。みんながたくさん助けてくれたし、スタッフも笑ってくれたり、リスナーやハガキ職人が面白いメールを送ってくれて、楽しくやることができたし。最初は本当にしんどかったけど、途中から、『なんか楽しめている自分もいるな』と思えて。

いま、自分の活動というか、もう一度見直したいな、という時期になっていて。去年は何も考える暇もなくずっとやってきて、King Gnuが売れるために何をすればいいかとか、それだけでずっと突っ走ったから、このタイミングでもう一度原点に立ち返るというか、自分が本当にやりたいことや、自分が伸ばしたいところを伸ばす一年に、今年はしたいなという気持ちもあって。

このラジオで本心も言えていたんだけど、『面白くしなきゃ』って強迫観念に駆られているときも凄くあって。そういうときにポンと出た言葉が、誰かを傷つけるんじゃないかとか、そういうのが自分の中でしんどかったりもして。ここ半年ぐらいずっと葛藤して、楽しい反面、そういう気持ちもありました。

『どうしよう、どうしよう』って悩んでいたんだけど、はっきりさせたいなと思って、そっちを選びました」

時々言葉を詰まらせながら、素直な気持ちを語った井口。最初はラジオの一人語りに慣れなかったが、「リスナーがいてくれて、やり取りができて、いい経験になったというか、すごく楽しかったです、本当に!」と、いい心境の変化もあったと吐露。また、「この一年の彩りに、ラジオが確実に入ってくるので」と、印象に残る時間を過ごせたと述べ、「あと4回あるのでね。しっかり楽しいラジオをやっていけたらなと思うので。あと4回、みなさんよろしくお願いします」とメッセージを送り、締めくくった。

番組情報

King Gnu井口理のオールナイトニッポン0(ZERO)

毎週木曜 深夜 3:00 - 4:30

番組HP

「King Gnu」のボーカルキーボード井口理が、毎週木曜日の深夜3時のオールナイトニッポン0(ZERO)を担当!とっても良い声で、とってもおもしろラジオをお届けします。

Page top