本木雅弘「小澤征爾さんが放つ普遍的な瑞々しさを受け取ってください」オーディオドラマ特番決定

By -  公開:  更新:

ニッポン放送では、開局65周年記念特別番組として、オーディオドラマ『小澤征爾・ボクの音楽武者修行』を放送する。オトバンクとの共同制作によるもので、audiobook.jp より配信も開始する。

本木雅弘

出演:本木雅弘
ニッポン放送開局65周年記念 オーディオドラマ『小澤征爾・ボクの音楽武者修行』
4月4日(土)午後8時10分~9時10分オンエア
4月10日(金)からaudiobook.jpで配信スタート

『ボクの音楽武者修行』は、当時23歳の小澤征爾が「外国の音楽をやるためには、その音楽の生まれた土地、そこに住んでいる人間をじかに知りたい」と一念発起、船にスクーターを積み込んでヨーロッパへ単身、修行の旅に向かい、日本人初のブザンソン国際指揮者コンクール優勝、そして、巨匠カラヤンやバーンスタインに認められてニューヨーク・フィル副指揮者に就任するまでの研鑽の日々を、生き生きと綴った自伝的エッセイ。

齋藤秀雄先生と小澤征爾 (C)ヴェローザジャパン

1962年に音楽之友社から発刊、その後、新潮文庫から再発された本作は、瑞々しい文章や溢れるユーモアがクラシックファンのみならず幅広い読者層の心をつかみ、青春の書として50回弱の重版を重ねる大ベストセラーとなっている。

ニューヨーク・フィル リハーサル カーネギーホールにて (C)ヴェローザジャパン

オーディオドラマでは俳優の本木雅弘が音楽への情熱に満ちた若き日の小澤征爾を溌剌と演じている。

[本木雅弘コメント]
世界がもっと遠かった時代に、こんな若者がいたんだと驚きました。自ら体験していくこと、感じ入ること、人の心に触れること、是非ラジオを通して、小澤さんが放つ普遍的な瑞々しさを受け取ってください。本当は丸ごと一冊を皆さんにプレゼントしたい作品です。
[小澤征爾コメント]
面白かった!ぜひみなさんにも楽しんで頂きたいです。

ボクの音楽武者修行

番組概要

■タイトル:ニッポン放送開局65周年記念 オーディオドラマ『小澤征爾・ボクの音楽武者修行』」放送概要
■放送日時:2020年4月4日(土)午後8時10分〜9時10分
■出演:本木雅弘
■原作:小澤征爾 (新潮文庫) 「ボクの音楽武者修行」より抜粋
舞台は1959年、パリ。日の丸をつけたスクーターでヨーロッパに単身乗り込んできた若き音楽家には好奇の目が集まった。「何しにやってきたんですか」「ボクは日本にいた時から指揮者の勉強をしていたのでこっちへ来てもっと勉強したいと思ったんです」「これからどんなふうに勉強されるんですか」「行き当たりばったりです」「お金は十分持ってきたんですか」「あまり持ってきていないんです」
……のちに世界的指揮者となるマエストロの武者修行の旅が始まる。

小澤征爾

小澤 征爾 Seiji Ozawa

1935年、中国瀋陽市(旧 満州国奉天市)生まれ。
幼い頃よりピアノを学び、桐朋学園で齋藤秀雄に指揮を師事。
1959年、ブザンソン指揮者コンクールで第1位を獲得。
カラヤン、バーンスタインに師事し、1973年にボストン交響楽団第13代音楽監督に就任。異例の29年という長きにわたり務めた。
2002〜10年春までウィーン国立歌劇場の音楽監督を務め、日本人初の名誉団員となる。日本においては、サイトウ・キネン・オーケストラを、恩師 齋藤秀雄をしのんで1984年に組織。 1992年より、国際的音楽祭「サイトウ・キネン・フェスティバル松本(現セイジ・オザワ 松本
フェスティバル)」へと発展させ、総監督に就任(~継続中)。
2020年夏には29回目の開催を迎える。
若手音楽家の教育にも力を注ぎ、小澤国際室内楽アカデミー奥志賀、小澤征爾音楽塾などを通じて、将来の音楽界を担う有望な演奏家の教育を続けている。
水戸室内管弦楽団の総監督を務めると共に、2013年からは水戸芸術館館長も務める。

ニューヨーク・フィル来日の際 バーンスタインと初めて羽田空港に帰国 (C)ヴェローザジャパン

本木 雅弘 Masahiro Motoki

1989年より俳優として本格的に活動、映画『シコふんじゃった。』では日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞を受賞。以後は数 々の作品に出演、日本を代表する俳優となる。2008年には自らが発案し、滝田洋二郎監督による「おくりびと」が公開。「おくりびと」は、日本映画史上初となる、米アカデミー賞外国語映画賞を受賞。2009年からNHK「坂の上の雲」で主演を務めた。現在大河ドラマ「麒麟がくる」に斎藤道三役で出演、卓越した好演で物語を牽引している。

オーディオブック『小澤征爾・ボクの音楽武者修行』

オーディオブック『小澤征爾・ボクの音楽武者修行』商品情報

■価格:800円+消費税
■配信開始日:2020年4月10日
■再生時間:約1時間
■出演:本木雅弘
■著者:小澤征爾
■出版社:新潮社
■製作元:ニッポン放送/オトバンク
■配信:オーディオブック配信サービス「audiobook.jp」特設サイト 4月10日オープン

●オーディオブックとはナレーターや声優が本を朗読した「聴く本」。耳だけで読書を楽しめるため、文字を読むのが難しい方のほか、ランニング中、電車や車での移動時間、家事の最中など、生活のあらゆるシーンで「ながら読書」を楽しめる。
●「audiobook.jp」は株式会社オトバンクが運営する、日本最大のオーディオブック配信サービス。2007年より配信を開始した「FeBe」から2018年3月にリニューアル。現在約 27,000 本のコンテンツを配信しオーディオブックのカテゴリー普及に向けてプラットフォームの拡大を目指す。
株式会社オトバンクは「聞き入る文化の創造」「目が不自由な人へのバリアフリー」「出版文化の振興」の達成を目指す日本最大の配信数を誇るオーディオブックカンパニー。500社以上の出版社と提携し「audiobook.jp」の他に、オンラインブックガイド「新刊JP」 で書籍のプロモーション事業も行う。

Page top