志村けんさんの遺影には笑福亭鶴瓶との写真が使われていた……鶴瓶本人も驚き

By -  公開:  更新:

5月31日(日)、笑福亭鶴瓶が、自身がパーソナリティを務めるラジオ番組「日曜日のそれ」に生出演し、3月29日に新型コロナウイルス感染による肺炎で亡くなった志村けんさんの実家を訪れたことを語った。

新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、大阪のニッポン放送関西支社にいる鶴瓶と、東京有楽町ニッポン放送にいる上柳昌彦アナウンサーとのリモート二元中継の形で放送、お互いの姿はSkypeを使ってオンラインでPC越しに確認しながら進行した。

鶴瓶が「緊急事態宣言が解除になったら一番最初に行きたかった」というのが志村けんさんの実家。

そんな鶴瓶が志村さんと初共演したのは、およそ20年前・1998年に放送開始された『志村&鶴瓶のあぶない交遊録』(テレビ朝日系)だが、志村さんに好かれたいと考えた当時の鶴瓶は、志村さんと会うより前に実家を訪ね、そこで家族と写真も撮るほど仲良くなったという。

その後志村さんと一緒に実家を訪ねた鶴瓶は、“はじめて来た”という雰囲気を醸し出すが、実家には鶴瓶とご家族とで撮った写真が飾ってある……というサプライズをしたそうで、志村さんは「あなた来たの!?」と驚いていたとのこと。

今回実家を訪ねたときにも、変わらずその写真が飾ってあったという。

そして大事に飾ってある志村けんさんの遺影。

それを見た鶴瓶が「ええ写真ですね」と言うと、「実はその写真は、鶴瓶さんと一緒に撮った時の写真を切り出したものなんです」とご家族……

「あんなにもいろんな所でたくさん写真を撮っているだろうに、こんなことある?」と話し、胸がぐっと熱くなったことを明かした鶴瓶であった。

番組情報

笑福亭鶴瓶日曜日のそれ

毎週日曜 16:00 - 17:30

番組HP

鶴瓶とリスナーによるハプニング満載のがちんこ・ドキュメント・バラエティー。


Page top