銀シャリも共感 失言のような名言「結婚は誰としても一緒」の本当の意味

By -  公開:  更新:

お笑いコンビ・銀シャリの鰻和弘と橋本直がパーソナリティを務めるラジオ番組「銀シャリのほくほくマネーラジオ」(ニッポン放送・毎週日曜18時50分~ ※今回はネット局のみでのオンエア)が放送され、銀シャリの2人が、夫婦関係や結婚についてトークを展開した。

今回の放送では、橋本オススメのテレビ番組の話からスタート。そこからテレビを快適に見るためのソファの話題に移ると、突然橋本が、「ソファには奥さんと2人で座んの?」「奥さんにドキドキしたりするの?」「奥さんのこと好き?」など鰻の夫婦関係に切り込むような際どい質問を次々とぶつけた。

鰻は結婚して今年で5年だが、子供ができて以来、徐々に恋人同士のように接することが恥ずかしくなってきているそうで、容赦ない橋本の質問にタジタジに。一方の橋本は独身のため鰻の感覚に共感はできない様子だったが、ある先輩から聞いたという結婚について共感できる名言を挙げ、その意味について語った。

橋本:出どころは敢えて伏せますけど、ある先輩に言われて名言やと思った言葉があって。「結婚なんて誰としても一緒や」って言われたんですよ

鰻:お~

橋本:それは、その先輩がネガティブな意味で言ったんじゃなくて、結局自分が変わらないとっていう意味で。“奥さんはこういう人であってほしい”じゃなくて、誰を選んでも自分自身が(パートナーに)合わせられるようにならないと

鰻:いや、分かる分かる

橋本:“誰でも一緒”っていうのは、「(相手が)誰でも一緒やで」っていう意味じゃなくて、結婚して幸せな生活ができるかどうかは自分次第だと。だからそういう意味で、「誰選んでも一緒やぞ、お前が変わらなければ」と

鰻:めちゃめちゃ奥深い。名言やで。俺も(妻が好きな)アジアンテイストに慣れていったもん

失言のように聞こえるが実は深い意味を持つ言葉に、鰻も既婚者として深く共感。いつもの他愛のないトークから発展し、思いがけず結婚に関する深い話をする形となったが、予期せぬ話の流れに気づいた橋本は、「これAMの帯(おび)のラジオか!」と自らツッコミを入れていた。

番組情報

銀シャリのほくほくマネーラジオ

毎週日曜 18:50-19:20

番組HP

お笑いコンビ・銀シャリが“おカネとの新しいお付き合いの仕方”をリスナーさんと一緒に、基本的にはユル~く、時には深く考えていき
ゆくゆくは「ほくほく」の美味しい銀シャリ のように懐を「ホクホク」させようというラジオです!

Page top