水溜りボンド・カンタ、怪奇現象にうんざり「もう安全な場所はないの!?」

By -  公開:  更新:

9月3日(木)深夜、YouTuber・水溜りボンドのトミーとカンタがパーソナリティを務めるラジオ番組「水溜りボンドのオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週木曜27時~28時30分)が放送。現在全国公開されているホラー映画『事故物件 恐い間取り』の巷でささやかれている怖い噂と、ニッポン放送で起きた怪奇現象について語った。

『事故物件 恐い間取り』は、亀梨和也(KAT-TUN)主演で、“事故物件住みます芸人”として知られる松原タニシのノンフィクションを映画化した作品。8月28日全国公開されたが、早くもSNSで「『たすけて……』という声が聞こえる」と、怖い噂が広まっている。

これの真相を確かめるべく、水溜りボンドは公式YouTubeチャンネルにて検証を行い、空耳の可能性もあるが、“確かに聞こえた”とした。すると、これについて、同作の中田秀夫監督がツイッターで反応し、監督自身も不可解に感じている、という内容をコメント。

ラジオでカンタがこの検証について振り返ると、トミーがニッポン放送で起きた不可解な現象について語りだ出した。

カンタ:今日、僕らのYouTube動画で都市伝説系をやりまして。映画『事故物件 恐い間取り』なんですけど、ぜんぜん怖くないシーンで、脈絡もなく、「助けて」っていう声が入っているんじゃないか、という噂を検証して。

トミー:ね。これ、ネットで話題になっているんですよね。

カンタ:それを検証しようということで、今日初めて、トミーと映画を見に行って。問題の場面は、亀梨さんがサインをしているシーンで、画面に向かって左側のスピーカーから聞こえる、と。それで今日、見に行って、結論を言うと、聞こえたんですよ。

トミー:そう。聞こえたんですよね。ただ、その時の亀梨さんのセリフの「気をつけてね」が、「助けて」に聞こえた、って可能性はあるなぁって。

カンタ:でも、僕らが動画を載せた後、中田監督がツイッターでコメントをしてくださったんです。それで、監督は『録音担当者に問い合わせたところ、亀梨さんの台詞は真ん中のスピーカーから出ている』と。

トミー:あと、(「助けて」という声は)『故意に入れていない』と。事前の音声チェックの段階では、そんな音は入っていなかったそうです。

カンタ:こわっ! 映画もめちゃめちゃ怖くて。Lサイズのポップコーン、全部こぼしました(笑)

トミー:カンタがビビってポップコーンをこぼしてね。隣にいたから、めちゃくちゃビビったし(笑)

カンタ:だから今日、家に帰りたくなくて、この「オールナイトニッポン0(ZERO)」があってよかった。

トミー:それはマジでそう! 今みんなで楽しくやってるからいいけど、一人でいたら怖いよね。

カンタ:よかったー。

トミー:そう、思うじゃん? ニッポン放送に来て、みんなで楽しくやってるから怖くない、って思うじゃん? 今日、ここに来た時に聞いたんだけど。

カンタ:なに? 映画、まだ続いてるの?

トミー:ここでも怪奇現象が起きたらしくて……。

カンタ:はぁー。意味わかんないわ……。

トミー:昨日、テレビ東京の佐久間さんの「オールナイトニッポン0(ZERO)」だったんだけど、ブースの中にいた佐久間さんと作家さんのヘッドホンに、男の人の声が聞こえたって。

カンタ:やっば!! 今、めっちゃめっちゃこのヘッドホン投げたい。やだやだ……。

トミー:で、それがね、このスタジオなんだって。ここなんだって。

カンタ:うぉーい!……助けてー!(笑)

前日2日深夜の生放送では実際に、パーソナリティの佐久間宣行(テレビ東京プロデューサー)が「ヘッドホンから男の人の声が聞こえる……」と話しており、これに震え上がったカンタ。立て続けに怖い思いをして「もう安全な場所はないの!?」「スタジオ変えてください!」と叫んでいた。

番組情報

水溜りボンドのオールナイトニッポン0(ZERO)

毎週木曜 深夜 3:00 - 4:30

番組HP

人気動画クリエイターの水溜りボンドが、木曜日のオールナイトニッポン0を担当。 水溜りボンドの頭脳担当トミーと、かわいい担当カンタによるANN初のYouTuberラジオ。 多くのバズリ動画を配信してきた2人が、バズるラジオを目指します!

Page top