スポーツ庁長官・室伏広治は「倒せない!」……百獣の王・武井壮が「最強のアスリート」と評価する理由

By -  公開:  更新:

2004年アテネ五輪の陸上男子ハンマー投げ金メダリストで、10月1日にスポーツ庁長官に就任した室伏広治氏(45)が2日、約130人の全職員に訓示を行った。

職員に訓示するスポーツ庁の室伏広治長官=2020年10月2日午後、東京都千代田区 写真提供:産経新聞社

そんな室伏氏の名を、これまでで最も衝撃を受けたアスリートとして、“百獣の王”武井壮が挙げていた。

8月4日に出演したニッポン放送「東貴博と山根千佳のラジオビバリー昼ズ」の中で武井は、東京オリンピックで注目のアスリートや競技について取り上げた。そして「日本代表に内定しているほぼ全員と焼肉に行ったことがあります」というほど大勢の選手を見てきた武井が、これまでで最も舌を巻いたアスリートを発表した。

武井:僕は彼が一番だと思ってます……室伏広治!

東:一番なんだ!

武井:日本人が一番不利だとされる投擲種目で金メダルを取ってる。本当に、シンプルな身体能力では、地球人でゼロから一番高いところに上げたのはアイツじゃないかなと思っています。

山根:へぇ〜!

武井:すごいですよ! だって、走っても30メートルくらいまでだったらボルトよりちょっと速いくらいです。

東:ボルトより速いの!?

武井:ちょっと速いんですよ、現役当時の全盛期の室伏は。パワーも、7キロのハンマーを84メートルぶん投げられるんですよ。渋谷駅前から109の広場くらいまで飛ぶってことですよ。

東:そうやって考えてるとすごく飛んでるね。

職員に訓示するスポーツ庁の室伏広治長官=2020年10月2日午後、東京都千代田区 写真提供:産経新聞社

武井:しかも日本人って、女子大生に「ハンマー投げって知ってる?」って聞いたら、だいたい室伏の映像が浮かんで、「あのクルクル回って投げるやつでしょ」ってイメージを共有できてるでしょ。

山根:わかります!

武井:例えばだけど、韓国とかの女子大生にハンマー投げのこと聞いても分からないと思うんです。ハンマー投げっていう超ニッチなほぼ誰もやらないものを国民全員に見せてるっていうのは、すごい偉業だと思うんですよ!

誰もが知るその影響力から、最も驚嘆したアスリートに室伏広治の名前を挙げた武井。「全ての競技を力だけで平伏す可能性があるのが、室伏広治です」と断言した。

山根千佳、東貴博、武井壮

さらに、武井が室伏と戦うとしたら、「6週間くらい、とにかく威嚇するんですよ。その間にインローとかカーフキックを入れて弱らせていく。それしか方法ないです。近づいたら投げられるし、腕ちぎられますからね。遠くに離れたらハンマー飛んでくる」とシミュレーション。百獣の王・武井ですらも倒せない最強の男だと語っていた。

 

番組情報

高田文夫のラジオビバリー昼ズ

FM93/AM1242ニッポン放送 月~金 11:30~13:00

番組HP

高田文夫先生と、キャラクターの濃~いパーソナリティがお送りする「昼休みのお笑いバラエティー」ラジオビバリー昼ズ!


Page top