沖縄出身、高校1年生の演歌歌手・石原まさし「まだ一度も雪を見たことがないんです」

By -  公開:  更新:

ニッポン放送「中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪」

ニッポン放送のイマジンスタジオから素敵なゲストをお招きしてライブショーをお届けする『中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪』(毎週日曜朝5時30分~/司会:中山秀征・アシスタント:石川みゆき)。2021年、番組は10年目を迎えます。1月3日(日)、新年最初のゲストは、長保有紀さん、森山愛子さん、石原まさしさんです。

ニッポン放送「中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪」

オープニングに『ひばりの佐渡情話』(美空ひばり)を披露した森山愛子さん。「今年(2021年)は年女なので、より一層、頑張ります!」と元気な森山さんです。

新曲『伊吹おろし』は、『会津追分』『尾曳の渡し』に続く、ご当地ソング3部作の最終章。12月9日に発売したアルバム『森山愛子~シングルコレクション~』はデビュー16年目、初のシングルコレクションで、デビューシングル『おんな節』から新曲『伊吹おろし』まで14曲を収録しています。

ニッポン放送「中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪」

ブログを毎日アップしている森山愛子さん。

「2005年11月にスタートした当時は、何かあったときだけアップしていましたが、ここ2~3年は毎日写真を載せてアップしています。ご覧いただいているファンの皆さんのためにも休めません。これからも毎日ブログを書きますので、ぜひ見てくださいね!」

ニッポン放送「中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪」

千昌夫さんの『北国の春』を披露した沖縄生まれの高校1年生、石原まさしさん。「沖縄の冬は暖かいんでしょう?」との中山さんの質問に、「まだ一度も雪を見たことがないんです。1月の終わりには桜の花見ができるほど、沖縄は暖かいですから。いつか雪が降る北国で歌ってみたいですね」。

デビュー曲『田原 城山 草枕』は、西郷隆盛の劇的な人生を堂々と歌い上げています。

ニッポン放送「中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪」

前作『つよがり』のカップリング曲『虹の橋から』を披露した長保有紀さん。

「虹の橋とは、先に死んだペットがこの橋で待っていて、飼い主が亡くなるとこの橋で再会して、一緒に天国へ行くという伝説があります。この歌を聴いて、涙を流される方も多いんですよ」と長保さん。お国自慢コーナーでは、地元大阪・泉州の『だんじり祭り』のお話を伺いました。

新曲『思い出に抱かれて』は、大人の「艶と粋」を感じさせるバラードです。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため無観客で収録しました。公開録音を再開する際には、番組内、ホームページ上で改めてお知らせいたします。

 

<<長保有紀さんの情報>>
*35周年記念アルバム『夢・うつつ~はずき作品集~』好評発売中。

○長保有紀さんの詳しい情報は、こちらをご覧ください。
http://ps-scorpion.jp/artist/profile_nagaho.html

<<森山愛子さんの情報>>
○森山愛子さんの詳しい情報は、こちらをご覧ください。
https://moriyama-aiko.com

<<石原まさしさんの情報>>
○石原まさしさんの詳しい情報は、こちらをご覧ください。
https://エスプロレコーズ.com/ishihara/

番組情報

中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪

毎週日曜 5:30 - 6:00

番組HP

パーソナリティ・中山秀征のナビゲートによって公開収録ならではの臨場感でアーティストたちの生ライブをお届け。アーティストたちの素顔と本音にも迫ります。
ケーブルテレビ「J:COM」でもご覧いただけます。放送日時など詳しくは、J:COMのホームページでご確認ください。

Page top