尾崎世界観、小説『母影』芥川賞ノミネートに「今のうちに浮かれて楽しみ尽くそうって思ってます」

By -  公開:  更新:

2020年12月30日(水)深夜放送のラジオ番組『ミューコミプラス』(ニッポン放送・毎週月-木24時~)に、クリープハイプの尾崎世界観が出演し、自身の小説が芥川賞にノミネートされた心境について語った。

文芸誌『新潮』2020年12月号に掲載された尾崎世界観の『母影』が、第164回芥川賞にノミネートされ話題となっているが、尾崎としては今の置かれた状況を楽しんでいるという。

吉田尚記アナウンサー:芥川賞にノミネートされて、受賞するかもしれないという状態で待っているのって、どういう気持ちなんですか?

尾崎:すごい楽しいですね、嬉しいです

吉田:嬉しい?

尾崎:ダメだった場合恥ずかしいじゃないですか?こんなに持ち上げてもらって(笑)

吉田:話題として触れちゃいますもんね

尾崎:そうなんですよ。だから今のうちに浮かれて楽しみ尽くそう、むしゃぶり尽くそうって思ってますね

吉田:でもダメだった場合、それを曲に出来たりしそうですよね

尾崎:確かにそうですね、他にアウトプットする場所もあるので、そこは360度どこにでも表現があるなと思っているので

吉田:「芥川賞獲れなかったです」って曲聞いたことないですからね(笑)

尾崎:そんな曲を歌えるのは現状バンドマンで1人ですからね(笑)

芥川賞の発表後は、受賞してもしなくても芸名を“芥川翔”に変えようかと思っていると冗談を飛ばした尾崎。芥川賞の選考会は2021年1月20日(水)に行われる。

番組情報

ミューコミプラス

毎週月曜〜木曜 24:00 - 24:53

番組HP

音楽、漫画、アニメなどのポップカルチャーをいち早くお届けするラジオ!「ミューコミプラス」

Page top