緊急対応の有料配信イベントに12,000人が歓喜 「佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)リスナー小感謝祭2021~Believe~」

By -  公開:  更新:

1月11日(月・祝)に東京国際フォーラム・ホールAで開催予定であった2度目の番組イベントとなる「佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)リスナー大感謝祭2021~fanfare~」 が、緊急事態宣言発令を受けて無念の中止を決定。しかし同日、ニッポン放送イマジンスタジオにて無観客での配信イベント「佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)リスナー小感謝祭2021~Believe~」として実施し12,000人(生配信開始時点)が視聴した。

テレビ東京プロデューサー・佐久間宣行

ニッポン放送では、緊急事態宣言発令が確定的となった1月6日にお客様の安全・安心があってのエンタメという判断から、直前に迫った11日のイベント中止を決定。その夜のオンエアにてこの中止発表に落胆するリスナーに向けて、佐久間から「コロナに負けない!エンタメの火は消さない!」と今回の代替イベントとなる、有料配信イベントの実施が発表され、Twitter上ではリスナーからの歓喜の声で埋め尽くされた。

今回の有料配信イベントでは、東京国際フォーラムで実施予定だった内容を大幅に変更し、スタジオで出来る展開の企画も急遽番組で募集。 「エンタメクイズ」「聖徳太子企画書」など、ラジオの生放送を彷彿させる生配信の特性を生かしてリスナーからの反応をダイレクトに伝えていった。

また東京国際フォーラムのイベントゲストとして登壇する予定だったおぎやはぎ・矢作兼も登場。2人の出会いから、『ゴッドタン』にまつわる秘話、お笑い論など、ここでしか聞けない貴重なエピソードが次々と飛び出した。またイベントの締めくくりでは、佐久間が今回のイベント開催の4日前に亡くなられたという恩師とのエピソードを語り、改めてリスナーへの感謝を述べつつ、年内に再びイベント開催を匂わせるエンディングで約2時間にわたるイベントの幕を閉じた。

尚、本イベントのアーカイブス配信は1月24日までとなっており、配信視聴チケットは同日21時まで購入ができる。

「佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)リスナー小感謝祭2021~Believe~」(無観客配信イベント)実施概要
□日時:2021年1月11日(月・祝)18:00配信開始
□出演:佐久間宣行・矢作兼(おぎやはぎ)
□配信視聴チケット:1,800円(税込)
チケットぴあ https://w.pia.jp/t/sakuma-ann0/
□発売期間:1月24日(日)21:00まで
※アーカイブ視聴期間1月24日(日)23時59分まで
□主催・企画・制作:ニッポン放送
□イベントHP:https://event.1242.com/special/sakuma/

 

番組情報

佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)

毎週水曜 深夜 3:00 - 4:30

番組HP

テレビ東京のプロデューサー佐久間宣行が、ニッポン放送の「オールナイトニッポン0(ZERO)」に挑戦! 会社員のテレビマン、44歳で既婚者、中1の娘がいる普通のおじさんが、一生懸命しゃべります。最年長パーソナリティがお送りする「テレビ東京×ニッポン放送・メディアミックス ラジオ番組」です!

Page top