乃木坂46・松村沙友理「アイドル活動が楽しかった大きな理由の1つは、新内眞衣ちゃん」 卒業前ラストとなる新内との『ANN』で感謝

By -  公開:  更新:

7月7日(水)深夜、乃木坂46で2期生の新内眞衣がパーソナリティを務めるラジオ番組「乃木坂46のオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週水曜25時~27時)に、グループからの卒業を控えた1期生・松村沙友理が生出演。プライベートでも仲が良く、海外へ女2人旅もしたことがある親友・松村の卒業に、序盤から新内が何度も涙ぐんだ。

乃木坂46 新内眞衣、松村沙友理

画像を見る(全3枚) 乃木坂46 新内眞衣、松村沙友理

松村と一緒にクリスマスイブを過ごしたことや、2人で韓国旅行に行ったことなど、プライベートでの思い出をこれまでの番組のなかでいくつも紹介してきた新内。

この日の放送でも2人の思い出や、先日行われた卒業コンサートのこと、そして、10年間のアイドル人生についても語り、「今いざ卒業するってなった時は、アイドルとしてこの芸能の世界に入れて良かったなーって、すごく思います」と回想。松村は続けて、「楽しさの最大限の理由の中の1つは、もう、新内さん……」と伝えると、うれしそうに新内が「えー!? 泣いちゃうよ?(笑)」と答えたが、改まって松村が「おかげだと思う、本当に」と言い添えると、新内が「泣いちゃうじゃん!」と涙声に。

番組開始30分で早速泣いてしまい、後半でも、リスナーから「新内はお弁当の鮭の皮を松村にあげている」というエピソードを詠んだ川柳が届くと、新内が「私は鮭の皮を誰にあげればいいの?」と号泣。驚いた松村が「鮭の皮で!?」と突っ込むと、新内は涙声で「当たり前にあった日常が無くなった瞬間が、やっぱり一番悲しくない? って思うんだ、私は」と説明。

番組終盤ではスタジオで松村が1人になり、全国のリスナーとファン、そして新内へこれまでの感謝を語った。

「私にとって乃木坂46は、なんか、簡単なものではなかったなと思います。結構つらいことの方が多かったのかなと思うんですけど、それでも自分の中で“卒業します”ってなった時に、“乃木坂46に入って良かったなぁ”とか、“乃木坂46楽しかったなー”って思えるのは、やっぱりファンのみなさんだったり、メンバーの存在が大きいなと思うんですけど。

今日はこの『オールナイトニッポン』に出ていますが……新内眞衣ちゃんの存在も、私の乃木坂46人生の中ではとても大きいなと思っていて。

まいちゅん(新内)と仲良くなった頃って、私はまだ塞ぎ込んでいる時期だったんですよ。あんまりメンバーとも関わらないようにしていて、自分の心を閉ざしている時だったんですけど、まいちゅんは、その天性の人当たりの良さというか、人のこともちゃんと見てくれるし、人の気遣いもすごいできる人だから、私にもたくさん声をかけてくれて。

で、まだ全然仲良くなってない時に、私が急に『旅行に行こう!』って誘っちゃったんですよね(笑)。今まで全然そういうこと(をしたことは)なかったんだけど、急に誘っちゃって。まいちゅんに後から聞いたんだけど、誘われてすごいビックリしていたらしいんですけど……。でも、私にとっては初めて喋った時から、『この子と旅行に行きたい』と思うような素敵な子だなと思っていたし、まいちゅんと仲良くなってから私の乃木坂46人生もすごく大きく変わったなって思うし。

本当に私がこうやって最後まで笑って楽しく卒業ができるのは、すごい、まいちゅんのおかげだなと思います」

番組エンディングで、新内が「言い残したことはないですか?」と尋ねると、松村が「まいちゅんが本当にいてくれて楽しかったです!」と即答。

新内が「もう、なんで泣かせるの!?」と再び泣き出したが、松村は続けて「本当に。まいちゅんのおかげですごい楽しかった。これが一緒にできる最後のお仕事かもしれないけど。『(新内とオールナイトニッポンに)すごい出たい』って、ずっとマネージャーさんに言っていて。こうやって出られて、一緒にお話ができて良かった」と話し、松村からの要望で、今回の共演が叶ったことを明かした。

乃木坂46 松村沙友理、新内眞衣

乃木坂46 松村沙友理、新内眞衣

新内も「ありがとう、私も松と一緒にいられて良かったし、話しかけて良かったなと思う」と想いを伝え、最後は2人揃って泣きながらのエンディングとなった。

番組情報

乃木坂46のオールナイトニッポン

毎週水曜日 25:00 - 27:00

番組HP

アイドルグループ乃木坂46が毎週水曜日の「オールナイトニッポン」を担当。メインパーソナリティはメンバー最年長の新内眞衣!自称“乃木坂のはしくれ”として、東京有楽町からひっそりこっそり放送しています。

★次回9月22日(水)25時からの生放送には、4期生の賀喜遥香がゲスト出演します。


Page top