櫻坂46 尾関梨香「さすがにショックでした」 控室前で起きて落ち込んだ出来事明かす

By -  公開:  更新:

12月5日(日)、アイドルグループ・櫻坂46の尾関梨香がメインパーソナリティを務めるラジオ番組「櫻坂46 こちら有楽町星空放送局」(ニッポン放送・毎週日曜23時~)が放送。尾関が、最近落ち込んだ出来事と嬉しかった出来事を明かした。

櫻坂46 尾関梨香

番組冒頭から「最近落ち込んだ話がありまして……」と語り始めた尾関。とある仕事の現場で、尾関が控室に入ろうとした際に、ショックな出来事が起こったという。

「(この番組を放送している)ニッポン放送とは別のお仕事の現場に、朝入るときがありまして。基本的にマネージャーさんの後ろにメンバーが付いて、『おはようございます』って言って控室とかに入るんですけど。

大体控室の入口に、私たちのことを守ってくださる警備の方がいるんですよ。で、その警備の方に、私たちがマネージャーさんの後ろに付いて控室に入ろうとしたら、『あ、ちょっと待ってください。ここからは(櫻坂46の)メンバー専用エリアなんです』みたいな感じで、止められてしまったんですね。

ちょっとさすがにショックでした。私の隣には齋藤冬優花がいたんですけど、2人で『メンバーとして見てもらえなかったね……』って言って。そのときの2人の私服が、レッスン着に近かったんですよね。ジャージっぽいちょっと黒めな私服だったので、『もうちょっとちゃんとした格好してこようね』っていう話になりました」

メンバーであるにも関わらず止められてしまい、ショックだったと語った尾関。だが、この番組を収録するためニッポン放送に来た際には、逆に嬉しい出来事があったという。

「ニッポン放送に来るときって、基本的にマネージャーさんと一緒に入るんですけど。今日は私が先に来ていたので、1人で入らなきゃいけなくて。

いつもはマネージャーさんが受付で名前を書いたりして入るんですけど、今日どうやって中に入ろう……と思いまして。名前を書くのか、それともスムーズに入れるのか、ドキドキしながら入ってみたんですよ。

ガラガラと(警備室の)ガラスが開いて、『おはようございます』って言ったら、(警備員さんが)『あ、こち星、7階です』って言ってくださったんですよ。めちゃめちゃ嬉しい。よし、認知してもらえた!と思って(笑) 入口のところで、超舞い上がってました」

番組のパーソナリティに就任して約2年半となる尾関だが、無事認知してもらえていると実感し嬉しくなったとのこと。ちなみにニッポン放送局内では、そのとき放送している番組がリアルタイムで流れているといい、尾関は、受付で聴いているであろう警備員に向けて、「警備員さん聴いてますか? ありがとうございます!」とお礼の言葉を送っていた。

櫻坂46 尾関梨香、関有美子

画像を見る(全1枚) 櫻坂46 尾関梨香、関有美子

また、その後はパートナーとしてメンバーの関有美子が登場。ライブでのMCのスキルアップを目指して行われるコーナー『ラジオLIVE MC!』では、「冷え込んできた朝。布団からどうやって起きる?」というリスナーからの質問に2人で回答。すぐに起きられるという尾関に対し、なかなか起きられないという関は「10分おきにアラームを鳴らす」「(自分の中での)警告アラームを鳴らす」などの方法を駆使して起きていることを明かした。

番組情報

櫻坂46 こちら有楽町星空放送局

毎週日曜日 23:00-23:30

番組HP

まだなんの色にも染まっていない櫻坂46が未来に向かって枝葉を伸ばす30分番組「櫻坂46こち星」。メインパーソナリティは井上梨名 。週替わりで櫻坂メンバーが登場します。

Page top