「ランジャタイが後半の抑止力になったというか」ノンスタ 石田のM-1徹底解説に岡村・矢部が感服

By -  公開:  更新:

12月23日(木)深夜に放送されたお笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史と矢部浩之がパーソナリティを務めるラジオ番組『ナインティナインのオールナイトニッポン』(ニッポン放送・毎週木曜25時~)に、お笑いコンビ『NON STYLE』の石田明がゲスト出演。先日開催された『M-1グランプリ2021』(ABCテレビ/テレビ朝日系)の答え合わせと題して、8代目チャンピオンの石田が徹底解説を行なっていった。

NON STYLE・石田明(中央)とナインティナイン・矢部浩之、岡村隆史

画像を見る(全5枚) NON STYLE・石田明(中央)とナインティナイン・矢部浩之、岡村隆史

番組内で“教授”と呼ばれる石田がこの大会のキーマンだったと語ったのは、2組目に登場し決勝では10位に終わったランジャタイ。

石田:実は、後半の“跳ねきらない”というM-1を作ったのは、ランジャタイですよ。ここで、おバカMAXもやって、スピードも結構速いのやって、熱量も出したんです。なので、熱量を出す漫才師も熱量があるように見えなかったし、おバカをやるのもアレほどおバカに見えなかったし、スピードもそこまで速く見えなかったという……。ランジャタイが後半の抑止力になったというか。

岡村:じゃあ、ここで結構やってしもうたというか

石田:大味だったりするお笑いの感度ビンビンの人からすると、めちゃくちゃ面白いネタなんですけど、ここで色んなことがやられているという

岡村:やられてしまったんや二番手で……

『おバカ』『スピード』『熱量』というM-1を勝ち抜くための3条件を二番手という早い順番で出し切ったランジャタイが今大会をかき乱したと分析した石田。

ナインティナイン・岡村隆史

ナインティナイン・岡村隆史

さらに、その影響をもろに受けたのが直後に登場したゆにばーすだったという。

石田:『熱量』頼りのところがあるんですよ、今回のネタなんて。川瀬はバコバコ行きたいんですけど、その前にMAX値を出してる人がいたんで、本来もっと跳ねてそうなところが跳ねきれてないんですよ。そうなったときに、モグライダーとの点差の比較にしかならなかったんです。だからそんなに点数がつかなかったんです

ナインティナイン・矢部浩之

ナインティナイン・矢部浩之

そして、このランジャタイが作った雰囲気を変えたのは、6組目に登場したオズワルドだと石田は語る。

石田:唯一ランジャタイがやっていない雰囲気を持つオズワルドが変えたんです

岡村:そうか……

矢部:オズワルドで変わった

石田:そうなんですよ。全く違うパンチやったんで

岡村:来たな!っていうオズワルド。M-1で来たんじゃないの?っていう感じはあったもんな

矢部:変えたよな。お客さんの笑い声も審査員の顔もみんないい顔してたもん

石田自身もある意味一番懸念していたというランジャタイの前半戦での登場。

NON STYLE・石田明(中央)とナインティナイン・矢部浩之、岡村隆史

NON STYLE・石田明(中央)とナインティナイン・矢部浩之、岡村隆史

これにより今年のM-1が動かされたというチャンピオンならではの分析に感服しきりナイナイの二人であった。

番組情報

ナインティナインのオールナイトニッポン

毎週木曜 深夜 1:00 - 3:00

番組HP

ナインティナインのオールナイトニッポンは、皆さんからのおハガキ・メールが頼りです。職人のあなたから渾身のネタをお待ちしております!ラジオならではのナインティナインのトークも楽しんでください!

Page top