EXITりんたろー。「出来ないなりにも作っておけば……」芸能界で活躍していくためのビジョンを語る

By -  公開:  更新:

5月20日(金)深夜、お笑いコンビ・EXITのりんたろー。と兼近大樹がパーソナリティを務めるラジオ番組「EXITのオールナイトニッポンX(クロス)」(ニッポン放送・毎週金曜24時~)が放送。トーク中、2人のスタンスや関係性について語り合う場面があった。

番組中2人は、テレビなどでのそれぞれの発言についてトーク。その流れから、2人が芸能界における考え方などについて言及した。

りんたろー。:(自分たちは)ビジョンも違うし、思うことが違うのよ。

兼近:それはそうですよ。結構刹那的だから、俺は。

りんたろー。:俺はやっぱり1日でも長くこの業界にいたいのよ。だから、(兼近とは)目指すところも行動も違ってくるから。俺らより気遣いできたり、トークできる人もいるじゃん。でも俺らが選んでいただけているのは、キャラクターだったり華だったりピースな感じだったりとか、ファン層とか、2人の関係性がほっこりするとか。そういうことを含めた五角形が、キャスティング側にハマってるんじゃないかと思ってて。で、その五角形は、悲しいことに時間とともに変わっていくじゃん?

兼近:うんうん。

りんたろー。:だったら、そうならないように、トークとかワードセンスとかを、今のうちにチャレンジして、出来ないなりにも作っておけば、もしかしたら小さくなるのをカバーしながら、この世界にいれるんじゃないかなとかは思っちゃう。

兼近:何とかして保って、生きていきたいってことですか?

りんたろー。:そうそう。だからこの現状(世の中に)出していただいている間に、そこを伸ばしていきたいっていうか。そしたら、長くいられるんじゃないかな?みたいな。

兼近:長くいたかったらね。そこがもう違うからね。

りんたろー。:あ~そうね。

兼近:長くいたいって思わないからな~。俺ずっと言ってるじゃないですか。

りんたろー。:それを言われるたびに、俺めちゃくちゃ悲しい気持ちになる。

兼近:(笑)

スタンスの違いこそあるが、それが逆にいいバランスとなり、「ここで俺が、一生(芸能界に)残りたいから頑張りましょう!ってなったら、りんたろー。さんも損する」と兼近は分析。これにはりんたろー。も同調し、「お互いにどっちの気持ちも汲めるから、譲り合ってやっていけるんだろうね」と2人の関係性を語っていた。

番組情報

EXITのオールナイトニッポンX(クロス)

毎週金曜 深夜 24:00 - 24:53

番組HP

2019年と2021年の特別番組では、どちらも歯に衣着せぬトークでラジオリスナーの心をつかんだEXITが、金曜日のオールナイトニッポンXを担当! 2021年は7月にアーティストデビュー、10月には小説家デビュー(兼近大樹)と、すでにお笑いだけに留まらず、活動の幅を広げているEXITですが、次は毎週の生放送でのラジオパーソナリティとしてのデビューを果たします。

Page top