山田裕貴・高橋文哉、デビュー作は特撮ヒーロー「全部学べた」「洗礼を受けました」

By -  公開:  更新:

8月29日(月)深夜に放送された、俳優の山田裕貴(31)がパーソナリティを務めるラジオ番組「山田裕貴のオールナイトニッポンX(クロス)」(ニッポン放送・毎週月曜24時~24時58分)に、ゲストとして俳優の高橋文哉(21)が生出演。山田は『海賊戦隊ゴーカイジャー』(テレビ朝日系)で、高橋は『仮面ライダーゼロワン』(テレビ朝日系)でデビューしており、特撮ヒーロー出身の2人が当時の思い出を語り合った。

画像を見る(全2枚) 山田裕貴、高橋文哉

山田は『海賊戦隊ゴーカイジャー』(2011年)でヒーローの一人“ゴーカイブルー”役を、高橋は『仮面ライダーゼロワン』(2019年)で主人公の仮面ライダーゼロワン役を好演。番組リスナーから「特撮ヒーローを経験して楽しかったこと、大変だったことを聞きたい」というメールが届き、2人が当時を振り返った。

山田:『仮面ライダーゼロワン』は何年前?

高橋:僕は4年前くらいです。

山田:僕は『海賊戦隊ゴーカイジャー』に出たのは11年前。僕が地球を守っていたのは11年前(笑)

高橋:デビュー作だったので本当にいろんな事が初めてで、お芝居の楽しさも知って。でもやっぱり、自分が仮面ライダーになるという事実が一番うれしくて! 反響を頂く中で、どんどん自分がヒーローになっていった気がして。

山田:そうだよね、子ども達の声とか、めちゃくちゃうれしいよね。

高橋:うれしいですよね!

山田:大変だったことはあった?

高橋:初変身の時……。けっこうアクションがある変身なんですけど、そこで38テイク撮ったことがあって。炎天下の中で。

山田:えっ、なぜに!?

高橋:かっこいい角度を撮るために、5ミリでもずれたらダメで。カメラの前で、「プログライズキー」というアイテムを使って変身するんですけど。クランクインから2週間ぐらいで、そんなことがありました。

山田:カメラのピントに、ちゃんと合わせなきゃいけなかったんだ?

高橋:はい。仮面ライダーの初変身は“かっこよく!”が一番ということで。そこで洗礼を受けました。

山田:38テイクかぁ……。でも、そこで学ぶよね。こうやって撮っていくとか、1カットの大変さというかさ。

高橋:裕貴さんはどうでしたか?

山田:僕も、このゴーカイジャーがデビュー作。

高橋:デビュー作だったんですね!

山田:ゴーカイブルーっていう役で。本当にあそこで全部学べたというか。ヒーローショーも回らせてもらうから舞台経験もできるし、変身した後は声を入れるから、普段のお芝居以外に、アフレコも経験できる。

高橋:そうですね。

山田:ゴーカイジャーではレッド、ブルー、イエロー、グリーン、ピンク、シルバーの6人いるんだけど、みんなで作品を作っていくのは本当に楽しかったな。

『仮面ライダーゼロワン』の苦労話として、実は初変身がうまくいかず、何度も撮り直して“洗礼”を受けたと明かした高橋。

一方、山田は「大変だったというか、震災(東日本大震災)の年だったんですよ。だから、『子ども達がゴーカイジャーが助けに来てくれるって信じています!』みたいなお手紙を頂いた時とか、本当の意味での救いって何だろう? 僕達が出来ることって何だろう? みたいな、そういった葛藤がちょっとあった」と吐露。

考えた末、「自分達が毎週かっこよくいることが、ヒーローとしてやれることだろう」と思うようになったそうで、「あそこで凄くいろんなものを背負ったかも。デビュー作でそういう経験させてもらって、本当に良かったって思います」と、しみじみ語った。

番組情報

山田裕貴のオールナイトニッポンX(クロス)

毎週月曜 深夜 24:00 - 24:58

番組HP

月曜日のオールナイトニッポンXは俳優の山田裕貴が担当!

Page top