back number清水依与吏が考えるバレンタイン。「本当にあった方が良いのかな?」

By -  公開:  更新:

14日(火)深夜放送の『back numberのオールナイトニッポン』で、バレンタイントークが繰り広げられた。

バレンタインデー当日だったこの日、オープニングから本命チョコをいくつもらったことがあるか、バレンタインの印象に残るエピソードが語られた。

人気コーナー「バックカレンダー」でも、リスナーからの恋愛相談をうけて、清水依与吏が恋愛や両想いになることの難しさを語り、「バレンタインデーって本当にあった方が良いのかな。いや、無理やり告白してしんどい思いをしているひとがいると思って。でも、告白するきっかけになるんだったら、バレンタインデーもきっと悪くないんでしょうね」と、気遣いをみせた。

番組中盤では、「清水依与吏と顔がそっくり」と噂されるお笑いコンビ・タイムマシーン3号の山本浩司が登場。昨年の夏に行ったアンコール企画「ウォーリーを探せ30周年記念!ラジオ間違い探し2017」をback numberと山本の4人で行った。

ジングルが変わっていたり、曲中に被せて歌ったり、「いつもの放送と違うところを、リスナーに見つけてもらう」というもの。その中で、山本が清水に代わって出演し、清水が言いそうなコメントをそれとなく話すなど、まさかの入れ替わりでリスナーを楽しませた。

リスナーだけでなく、小島和也や栗原寿から見ても二人は似ていたようで「雰囲気は完全に一緒。『高嶺の花子さん/back number』のミュージックビデオの時の髪型」と、山本はメンバーお墨付きの“そっくりさん”のようだ。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送『back numberのオールナイトニッポン』
放送日:2月14日(火)25時~27時
パーソナリティ:back number(小島和也/清水依与吏/栗原寿)
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20170215010000
番組HP:https://www.allnightnippon.com/program/bn/

また、来週2月21日(火)深夜放送の「back numberのオールナイトニッポン」は、ゲストにゴールデンボンバー鬼龍院翔を迎え、スペシャル企画「鬼龍院翔×清水依与吏×バイマメン オレらの時代?~中堅バンドの憂い~」を放送する。

日曜日の朝にやってる「なんか見ちゃう番組」としてお馴染み『ボクらの時代』っぽく語っていくこの企画。先輩バンドは相変わらずスゴイまま、後輩からの突き上げもめっちゃスゴイ、同期とか世代の近いバンドは自由放牧、あれやこれやといろいろと悩ましい中堅バンドの3組(4人)で日曜の朝から数十時間後の火曜日の深夜にいい温度感でお伝えする予定となっている。

現在、「back numberのボーカル・清水依与吏がちょっと・・・変!?」になってしまった動画も公開されているので、こちらも要チェックだ。

Page top