柔道・ゴルフ・野球…ご存知でしたか?スポーツのルール改正【ひでたけのやじうま好奇心】

By -  公開:  更新:

4月2日に福岡国際センターで行われた柔道・全日本選抜体重別選手権で、「両者反則負けで勝者なし」という珍しい試合がありました。
2人の選手はそれぞれ「指導2つ」の状態で延長戦に突入。
しかし延長戦でも決め手を欠き、2人とも「消極的」と判断され、お互いに3つ目の指導が入って両者反則負けとなりました。

この決着の要因のひとつと言われているのが、今回大会で導入された「新ルール」。
柔道界では今年から2020年の東京五輪も視野に入れて、国際柔道連盟の主導で新ルールの試験導入が行われています。

『これまで一本・技あり・有効・の三段階だったポイントから有効を廃止』
『技あり2つで一本となる“合わせ技一本”も廃止』
『これまで4回で反則負けだった指導は、3回に変更』
『技のポイントの差がなければ旗判定でなく、延長戦に突入する』…などなど。

試合をより積極的にして、技の優劣で勝敗を明確にするのが狙いです。
一本勝ちが増えるので、日本人選手には有利…とも言われています。

実はこの改正で影響が大きかったのは、『技の優劣がなければ延長戦に突入する』という新ルール。
上位選手同士の戦いでは、技でポイントを奪うのが難しく、これまで有効判定だった技もポイントにならないので、延長戦に突入するケースが増える傾向にあるんです。
先程の「全日本選抜体重別選手権」では、全98試合のうち45試合が延長戦に突入。
さらに決勝は14試合のうち8試合が延長戦になりました。
そして延長戦となると、今度は体力的にも「消極的」に見える場面があり反則が累積。
先程の「延長戦で両者反則負け」は、そんな新ルールの影響を受けたとされています。

もちろん、この新ルールは試験段階。積極的・消極的と判断する審判の技量もこれから試されることになります。
これまで日本の主要な柔道の大会では、日本独自のルールが採用されてきましたが、今後は国際大会も見据えて、徐々に新ルールが導入される方向にあります。

293266041aa2b52da560590cde61c08b_s(w680)

そしてスポーツのルール改正の動き、続いては「ゴルフ」です。
ゴルフのルールは、全米ゴルフ協会と全英ゴルフ協会が仕切っていますが、先月、大胆なルール改正が提案されて話題になっています。

『ロストボールを探す時間を、5分から3分に短縮』
『グリーン上にできてしまったデコボコ。それがボールによるものでも、スパイクによるものでも、すべてキレイに修復して構わない』
『バンカーや池。落ち葉や枝など固定されていないものなら動かしてOK』
『カップからの距離に関係なく、準備ができた人から打ってOK』…などなど。

基本的には「時間を短縮しよう」という方向性が見えますね。
スピーディなルールにすることで「ゴルフは時間がかかる」と敬遠していた観戦客や競技人口を増やしたいという意図があるようです。

ほかにも提案はいろいろありますが、まだ決まったわけではありません。
今後、選手や関係者から様々な意見を受けつけ、2018年半ばには新ルールを発表したいとしています。一体どうなるのか、こちらも注目です。

ゴルフも含め、全体の傾向として、「スピード」と「わかりやすさ」を求めるルール改正が多くなっている印象ですね。
先日のWBCで導入されていた「タイブレーク」もそうですし、メジャーでいえば、今シーズンから導入された「敬遠宣告制」。
4球投げなくても、監督が審判に敬遠のサインを出せば、自動的に1塁へ。
実際に時間短縮になるのか未知数ですが、今シーズン、すでに出ていますね。

2017030300372(w680)

投球なしの敬遠に賛否両論 2016年5月、ダイヤモンドバックス戦で敬遠されるマーリンズのイチロー=マイアミ(ゲッティ=共同)写真提供:共同通信社

またメジャーだと「ビデオ判定」。これまでは「直ちに申告」という曖昧さでしたが、監督は30秒以内にビデオ判定を要求すること、審判団は2分以内に裁定を下すことというルールも追加されました。
ビデオ判定、バレーボールやテニス、サッカーの国際大会でも導入が進んでいますが、これに関しては「わかりやすさ」を求めた結果。曖昧決着をなくそうということです。

スポーツのルール改正。時代の変化に合わせていろいろと進んでいます。
2020年の東京五輪に向けて、他のスポーツでもルール改正が進む可能性もあります。
時代の流れで仕方のない部分もありますが、スキージャンプのように「日本が強いから」という理由だけは、やめていただきたいですが…(笑)

4月6日(木) 高嶋ひでたけのあさラジ!三菱電機プレゼンツ・ひでたけのやじうま好奇心」より

高嶋ひでたけのあさラジ!
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 6:00~8:00


Page top