ナレーター業も絶好調の三四郎・相田周二が、レベルの高すぎる声技を披露!

By -  公開:  更新:

28日(金)深夜放送の「三四郎のオールナイトニッポン0(ZERO)」で、お笑い以外にもナレーターとしても活躍する、相田の美声を話題に盛り上がった。

相田はこの春から、TV番組「浅草ベビ9」「勇者ああああ~ゲーム知識ゼロでもなんとなく見られるゲーム番組~」でナレーションをしている。もともと、ラジオ番組の中でも相田の美声は話題に上がっていたが、ナレーション業が始まって以来、声を使った遊びに拍車がかかっていた。

この日も突然、タレントでラジオDJの「クリス・ペプラー」を真似て、曲紹介やエンタメ情報を紹介するなど、FMの音楽番組にしか聞こえないオシャレな時間が流れた。約2分もの間、相田の美声で占拠されてしびれを切らせた小宮は「何が始まったの!?ってビックリした。本番直前に、このパートだけはちょっと黙って、って言われたから黙って聞いていたけど、こんだけ長いボケをしたらヤバいでしょ?」と指摘。

対する相田は、遊びでボケているのではなく、単純に美声なだけだと説明。「ナレーションの仕事を2本やっていると、自然と声にエコーをかけられるようにもなった」と、ミキサーに目配せをしながら、エコーボイスで話した。

その後も絶妙なタイミングで美声を発揮し続けると、リスナーから「声がよすぎる」「相田ボイスかっけ―!」と絶賛する声が。さらに相田ボイスを欲しがるリスナーの「次のステップは、声帯からBGMや効果音を出す技術の取得です」というメールがきっかけで、トーク中に「エコー+歓声の効果音」「エコー+陽気なBGM」を出すという無茶苦茶な技術を披露。

これに小宮は「エコーどころの騒ぎじゃない。その喉ヤバいよ?」と、次々とオプションが追加される相田の異常な声帯を指摘。喋りながら、エコー・効果音・BGMが鳴るのはおかしなことだと、マイクに喉を近づけて調べてみることになった。

相田:俺の喉が変なのかな?

小宮:喉が悪いわけじゃないと思いますが

相田:ちょっと、マイクに喉を近付けてみるね

相田の喉:・・・・・・

小宮:・・・鳴んないじゃん!(笑)まだ、コントロールが出来ないんだよ。きっと鳴ると思う、絶対に鳴るよ!喉でBGMが鳴っているはずだから。僕も、BGMが鳴ると思っていたのに、相田がずっとマイクに喉を近付けていたんだけど何も鳴らないから・・・ちょっと、スタッフさん?(笑)

相田:今のは恥ずかしかった(笑)

小宮:マイクに喉を近付けさせて、無音って

相田:もう1回やってみようかな?マイクに喉を近づけますよー?

相田の喉:・・・・・・

小宮:鳴んないじゃん

相田:鳴らない・・・

小宮:何だったんだこの時間!ちょっと、その、スタッフさんとミーティングをお願いします(笑)

「2回目は絶対にBGMがかかる」と信じていた相田は、この一件で心が折れてしまい、この日の相田の美声はここでストップとなった。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「三四郎のオールナイトニッポン0(ZERO)」
放送日:4月28日(金)27時~29時
パーソナリティ:三四郎(小宮浩信、相田周二)
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20170429030000
番組HP:https://www.allnightnippon.com/sanshiro/

番組情報

三四郎のオールナイトニッポン

毎週金曜 深夜 1:00 - 3:00

番組HP

大ブレイク中のお笑いコンビ三四郎が金曜深夜に大はしゃぎ!おもしろナイトにカモン!カモン!!みんなでワイワイ騒ごうぜ!

Page top