人気男性声優が明かす「本当は怖すぎて話したくない怪談」

By -  公開:  更新:

21日(月)深夜放送の、ニッポン放送『ミュ~コミ+プラス』(パーソナリティ:ニッポン放送アナウンサー吉田尚記、月曜日レギュラーアシスタント:松井玲奈)に声優の野島健児が自身の聞いた恐怖体験について語った。

8月21日(月)~24日(木)までの4日間、ミュ~コミ+プラスは2ヶ月に1度のスペシャルウィーク。『有楽町怪談~イケボで綴るこわーい話~』と題して、毎日日替わりで、良い声のイケてるボイス、いわゆる”イケボ”な男性声優が登場し、リスナーから送られてきた怪談を良い声で披露するという企画が行われる。

初日のこの日はTVアニメ『PSYCHO-PASS』の宜野座伸元役などで知られる野島健児が登場。放送では野島が怖い話を次々と良い声で語り、ラジオの前のリスナーと、怖い話が苦手だという松井を震え上がらせていった。そしてリスナーから送られてきた『深夜の介護施設でバイトをしていた恐怖体験』が語られた際、野島自信も介護施設で働く友人から聞いたという、怖い話があったことを明かした。

野島:ごめんなさい、僕、友達が介護施設で働いてて体験した話とか思い出しました。

松井:ええ……?

野島:怖くて話せないですけど(笑)

吉田:ちょっとだけ!ちょっとだけ!

野島:ちょっとだけ話すと、介護施設で誰かが指をさして「そこ……、そこ……」って言うから、えっ?ってなって。さらに「後ろ……、後ろ……」って言うから振り返ると何もいなくて。なんだ何も無いじゃないかって言って。でも「後ろ……、後ろ……」って言うから足元を見たら……っていう話を。

吉田:足元には何が……?

野島:足元に、何か。女性が横たわっていたので、そこを飛び越えて逃げたそうです。

松井:こわ~い!

野島:飛び越えて、全部の電気付けて、同僚を呼び出したらしいんですけど、みんなは「あー」って言って対応してくれなかったらしいです。

松井:塩を……!塩を……!

吉田:松井さんが靴脱いじゃって、今イスの上で体育座りしてるんですよ(笑)

野口:ちょっと思い出しちゃいましたね。

予定には無かった怖い話で、松井を体育座りさせるほど怖がらせた野島。翌日22日(火)には檜山修之、23日(水)には内山昂輝、最終日の24日(木)には置鮎龍太郎が登場し、イケボで怪談話を聴かせてくれる。さらに番組では、怪談の他にも。放送を毎日聴くと答えが分かるキーワードクイズも開催中。正解者には、抽選でゲストのイケボ声優のサイン入りグッズが当たるという。

この日の放送は期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「ミュ~コミ+プラス」
放送日:8月21日(月)24時~24時53分
パーソナリティ:吉田尚記
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20170822000000
番組HP:https://www.allnightnippon.com/mcplus/

Page top