横浜DeNA・宮崎 4番筒香の後にラミレス監督が決めた理由とは?

By -  公開:  更新:

プロ野球 日本シリーズ DeNA対ソフトバンク 第4戦 本塁打を放つ、DeNA・宮崎敏郎(提供:産経新聞)

 

3連敗して2連勝。日本シリーズが、ますますおもしろくなってきました。昨日の第5戦。筒香ばかりにスポットがあたっていますが、いぶし銀の宮崎を忘れてはいけません。6回の同点タイムリー。首位打者のタイトルは、ダテではなかった。というのは、ソフトバンクの特徴は、ペナントレースで、先行逃げ切りが必勝パターン。6回までリードしていれば、自慢の救援陣を総動員し、確実に勝利をモノにしてきた。対照的で、6回までリードを奪われていると、勝率は1割に満たないそう。そうしたことを、横浜DeNAはデータ解析し、死に物狂いで6回裏の逆転劇を演出したのでしょう。

今季がプロ5年目。ハマのプーさんの愛称は、ラミレス監督が直々に命名しました。もちろん、ラミレスチルドレンの1人です。初めて規定打席に達した今年、首位打者を獲得。ドラフト6巡目で首位打者となったのは、セ・リーグ初の快挙でした。

シーズン前、誰が4番・筒香の後を打つか。ラミレス監督はさまざまな角度から、チームを見渡した。そこで、発見したのは、宮崎。

「バットコントロールは、おそらくセ・リーグでナンバーワン」

と、ラミレス監督がタイコ判を押しています。

確かに、チームメートからは、自由自在にバットを操ることが評判になっていた。かつて、バットコントロールといえば、ロッテ、中日、巨人などで活躍した落合博満さんが、ファンの脳裏に浮かぶでしょう。というわけで、「コチアイ」とナインの間で呼ばれています。横浜DeNAに変わった1期生で、ハンカチ世代の1人。

「うちの選手にはいないタイプ。残っていたら、指名する」

とリストアップした伝説がある。

日本文理大学時代は、10社以上の企業で不採用。

「数えていたわけではないけど、相当、落ちたことは確か」

と苦笑しながら、

「あきらめがつくまで野球をやりたい。それだけでした」

と振り返っています。幸い、セガサミーへ入社。素質がジワリジワリと発揮されたのです。その要因は練習熱心。プロ入りすると、さらなる練習を自身に課した。ホームのデーゲームでは、早朝7時に到着し、スタッフを驚かせたほどだといいます。

自慢のひとつが、小学生から打撃フォームを変えていないことでした。とにかく、広角的にボールを打つ。右方向へ打つことは、まさに名人芸。それも打ち方が変わらない。宮崎いわく、「あっち向いてホイ打法」というのだとか。

一方、チームのムードもいい。第4戦でシリーズ初勝利。きのうの試合前、主将の筒香は、「とにかく、明るくいこう」とナインに声をかけたとか。なるほど、リードを許しているシーンでも、筒香と宮崎が言葉を交わして、笑顔をみせていた。そんなところをみれば、他の選手も「やるぞ」という気になるもの。また、今年から宮崎が変わったことというと、ひげをたくわえたことでしょう。ベイスターズの2軍ではひげを伸ばすことが禁止されている。フルシーズン戦う-決意の表れではなかったか。

いずれにしても、福岡の2戦、負けは許されません。下剋上を完成させるには、あと2勝です。

11月3日(金) 高嶋ひでたけのあさラジ!「スポーツ人間模様」

Page top