ユーミン×ビートたけし、32年ぶりオールナイトニッポン生放送で共演!

By -  公開:  更新:

12月22日(金)深夜放送の「松任谷由実のオールナイトニッポンGOLD」に、ビートたけしが生出演した。

毎月1回ユーミンがレギュラーパーソナリティを務めているラジオ番組「松任谷由実のオールナイトニッポンGOLD」。毎回、“今一番会いたい人”をゲストに迎えて、ユーミンならではの視点で聞きたかったこと単刀直入に質問している。今年は小池百合子、志村けん、IKKO、ANZEN漫才、ハリソン・フォードなど多彩なゲストが登場したが、今年最後の12月22日(金)の放送には念願かなって、ビートたけしが生出演した。

ビートたけしが浅草・フランス座に通い始めた1972年にユーミンもデビュー。キャリア45年の業界同期である二人は、ユーミンが1985年に「ビートたけしのオールナイトニッポン」にゲスト出演して以来、32年ぶりのオールナイトニッポン生放送での再会となった。

「今夜は、『ぎょえ~!』な人がやってくる!まさかの、ビートたけしさん、生登場です!」と、オープニングからハイテンションのユーミン。1曲目は1986年、31年前「オレたちひょうきん族」のエンディングテーマ「土曜日は大キライ」をかけてビートたけしをスタジオに迎えた。

ビートたけしが「どうも松本幸四郎です」と登場すると、ユーミンも「長澤まさみです」と応酬。32年ぶりのオールナイトニッポン共演は爆笑でスタートした。

番組では1985年にユーミンがゲスト出演した「ビートたけしのオールナイトニッポン」の貴重な音源も披露。二人は、出会った頃の思い出から様々な話を繰り広げ、『ラジオの生放送はカットされないから、いいね。』と、毒舌も炸裂。

また、リスナーからビートたけしに「松任谷由実さんを北野映画に出演させるとしたらどんな役?」という質問には、「キャバレー歌手で相手がやくざ。やくざが打ち込みにって死ぬときに、「ラブ・イズ・オーヴァー」を歌ってるの」と即答。ユーミンも「やりたい!あたし。いいなあ、キャバレー歌手。演技がなければ、ぜひ歌いにいきます!」とノリノリに。

そのほか、「ユーミンさんがたけし軍団に入ったら?」など奇想天外な質問も寄せられた。番組では、ビートたけしがカラオケで歌い、絵も描いたというというユーミンの「ひこうき雲」、「冷たい雨」、そしてビートたけし作詞作曲の「浅草キッド」をかけた。

Page top