公共の場でストレスを感じる瞬間とは? 平山夢明

By -  公開:  更新:

2月14日(水)のニッポン放送の番組『土屋礼央 レオなるど』で、ホラー作家の平山夢明がストレスを感じやすい公共のある場所について語った。

「ストレス発散につかうお金」…健康食品会社の調査で、働く男女のストレスの実態を調査した結果、普段感じる人はおよそ8割、うちおよそ5割がほぼ毎日感じている。原因は男性では仕事内容、女性は職場の人間関係が最多。また、ストレス発散のために過去使ったお金の最高金額は平均で3万1,920円になった、というニュースについて番組では…

増山)公共の場のマナーが守られていないのはすごくストレスに感じますね。今朝も満員の電車で新聞を広げている人がいて、セットした私の髪にずっとそれが当たっていて。

平山)公共の場っていうのはストレス感じやすいよね。僕も、公衆トイレとかで終わった人がチャック開けたまま振り返るときあるじゃない?

土屋)僕結構やっちゃいますね。

平山)せっかちだねえ(笑)。でも後ろに人が並んでたり、隣に人が立つだけで調子悪くなるしね。

増山)え? すぐ後ろに並ばれることあるんですか!?

平山)あるある。

土屋)意外とストレスになりますよね。

他にも「日本人はマスクをつけすぎている」という話も。また、背筋がゾッとしたりホッコリ笑える“とある街の変わった高額アルバイト”“宇宙人が捕獲された日本の街”についても語っていた。

土屋礼央 レオなるど
FM93AM1242ニッポン放送 月~木 13:00~16:00

Page top