禁断の読書術は読むのをやめること? ホラー作家平山夢明

By -  公開:  更新:

3月14日(水)のニッポン放送の番組『土屋礼央 レオなるど』で、ホラー作家・平山夢明が“禁断”ともいえる読書術を披露した。


①合わなかったら読むのをやめる

土屋)やめちゃっていいんですか!? 作家なのにそんなこといっていいんですか?

平山)いいんだよ。現代作家なら5~10ページ読んで合わなかったらやめていいよ。

増山)句読点とか読むリズムが合わないとかありますよね。

平山)本は読み終わるまでで、映画とかと違って終わりの時間がないじゃない。合わないものをずーーっと読んでいく方が大変。キッチキチのパンツ履いて走るの嫌でしょ?


②読むより聞け!

平山)最近、オーディオブックってあるんですよ。老眼だから長時間読むの大変で。でも読み上げてくれるからいいですよ。

土屋)Amazonでもそういうサービス増えてきていて自動車運転中とか助かるんですよね。

平山)海外では著者が朗読するものもあって、スティーブン・キングとかJ・K・ローリングとかもやってるんですよ。


③作家買い、ジャンル買い

平山)好きな作家の作品で買う、1度読んで面白かったジャンルで買う、っていう風にやるとはずれが減る。

土屋)平山さんが買うジャンルは、どんなジャンルなんですか?

平山)ノンフィクション系が今面白くて。自分で自分を人体実験しちゃう博士のノンフィクションとか。

土屋)そんなノンフィクションあるんですね…!!

ちなみに土屋礼央は新書、増山アナはスパイものだそう。そんな平山が原作のマンガ「DINER ダイナー」の3巻が4月19日に発売予定。

土屋礼央 レオなるど
FM93AM1242ニッポン放送 月~木 13:00~16:00

Page top