「私に出来ることってこれかも」LiSAの歌唱スタイルを決定付けたあるプロデューサーの言葉

By -  公開:  更新:

5月8日(火)深夜放送の、ニッポン放送『ミュ~コミ+プラス』(パーソナリティ:ニッポン放送アナウンサー吉田尚記、火曜日レギュラーアシスタント:田所あずさ)にTVアニメ『Fate』シリーズや『ソードアート・オンライン』シリーズの作中曲を担当していることでも知られる、アーティストのLiSAが出演し、今の歌唱スタイルが確立されていった経緯を語った。

激しいバンドサウンドに乗せてアニメソングを歌うことで、非常に幅広い年代から絶大な支持を得てきたLiSA。だが、このスタイルを構築するまでには多くの試行錯誤があったという。

吉田:前回出演してくれた時に「今の自分が歌っている歌が1番スタイルとしてかっこいいからこれを選び取った」っていうのをチラッと言っていたんですけど。

LiSA:そうですね。私はこれまでLiSAにたどり着くまでに、たくさん失敗をしたんですよね。いろんな歌を歌いましたし、道を探しましたし、それでも音楽がどうしてもやりたくて、LiSAって何だったら必要としてもらえるんだろう、楽しんでもらえるんだろうって考えて、ミュージカルやったりダンスやったりバンドをやったり。その中で、このバンドサウンドの中でアニメとライブっていう形が、LiSAの柱としてすごくしっくりきて。それでガルデモ(Girls Dead Monster。TVアニメ『Angel Beats!』の劇中バンドでLiSAは2 代目ボーカル・ユイ役の歌い手を担当)で初めてみんなが楽しんでくれた時に、私が出来ることってこれかもって。

吉田:じゃあ、ガルデモの時は開発の最終段階だったってこと?

LiSA:そうですね。

吉田:あ、そうなんだ!

LiSA:ガルデモに出会って、初めて自分の声が鋭くて、ちょっと可愛い部分というか、女の子なんだなっていう部分というか、自分自身を認めるっていう作業がやっと出来たような気がします。

田所:ほぉ~!

LiSA:初めてガルデモをやった時に麻枝准(まえだ じゅん)さんというプロデューサーさんに「君の声は可愛いから、ガルデモのユイちゃんをやる時に可愛く歌ってください。だけどそれでも高くって鋭く突き抜けるような歌(歌声)があるから、君はそのまんま可愛く、ちょっと下手くそに歌ってください」って。

吉田:え!そんなディレクションがあったの!?

LiSA:初めはもっとオラァ!って歌ってたんですけど、でも「ユイちゃんはもっと可愛くてキャピキャピして元気だから、そのキャラクターのように、君の良いところは僕から見てそれだから、君の可愛いところをキチンと活かした方が良いよ」って言って、それでガルデモの歌を歌わせてもらって、私の持っているものってこれなんだなって認識しました。

田所:それで、それが今でも生きてるんですか?

LiSA:そうですね。

田所:すごーい!!

TVアニメ『Angel Beats!』で音楽プロデューサーに言われた言葉をキッカケに、今の歌唱スタイルを確立されたという話を聞き、驚きの声をあげる吉田と田所。己のスタイルで突き進んでいくLiSAに、これからも注目だ。


Page top