プロデューサーとディレクターの違いを知ろう

By -  公開:  更新:

クリエイティブな仕事に憧れを持ったことはありますか? 私たちの身の周りにあるエンターテイメントはさまざまな人たちの汗と努力によって作られています。それは表舞台で華やかに活躍するアーティストの力だけではありません。いわゆる裏方の膨大な仕事によって支えられています。たまにテレビやラジオの番組でもスタッフが表に登場していますよね。ある時はプロデューサーだったり、ある時はディレクターだったり、若手ADが頑張っている姿も見受けられます。ところで今、プロデューサーとディレクターってどう違うんだ? と思いませんでしたか。


プロデューサーとディレクターの違いを知ろう

なんとなくどちらも上に立って指示を出すイメージですよね。そうです、どちらもそのような立場なのですが、比較すると「計画立案者」と「実務遂行者」くらいの違いがあります。

まずはプロデューサー。計画立案者でありデスクワーク全体的な運営と管理を行う人のこと。彼らは企画を考え、スタッフや出演者をキャスティング、予算管理や割り振りなど大きな枠組みを決めます。宣伝やコンプライアンスにも関わるのでマネジメント役ともいえます。

一方ディレクターは、映画の世界で言うところの監督。実務遂行者で、制作現場で指揮を執り、全体の演出を行っている人のこと。台本を作成したり、ロケ地やスタジオに撮影に行き、編集もします。

もしも問題が起きてしまった場合、責任をとるのはプロデューサーになります。会社で例えるなら、デスクに座って大事なことを決定する上司がプロデューサー、プロジェクトを現場で切り盛りするチームリーダーはディレクターといった感じでしょうか。

あなたはどちらの仕事に魅力を感じますか?

 

公演 講座 公益財団法人 千葉市 文化振興財団

公演・講座(詳細)(公益財団法人 千葉市文化振興財団HPより)

さて今回は「中学・高校生のための舞台スタッフ体験講座」受講生募集のご紹介です。

AKB48グループを中心に、衣装制作やスタイリング・ヘアメイクを一手に担う「オサレカンパニー」と、洗練されたカジュアルテイストをベースにしたセレクトショップ「アーバンリサーチ」と協力して、千葉市文化振興財団の主催で行われます。

「衣装コース」と「ヘアメイクコース」に分かれ、7月16日(月・祝)にスタート、8回実技講習を受け、最終日の8月4日(土)には、音楽ライブで舞台スタッフを体験できます。

対象は千葉在住・在学の中学・高校生で、各コース30名ずつ募集中。受講料はどちらのコースも6,000円です。応募締め切りは7月2日(月)で、応募多数の場合は抽選となります。

この夏は、第1線で活躍しているクリエーターの方と一緒に舞台スタッフを務めてみませんか。詳しくは、千葉市文化振興財団のホームページをご覧ください。

【講座・募集】中学・高校生のための舞台スタッフ体験講座~みんなでツクル・ライブ~【5月24日から募集開始】

日時
第1回 2018年7月16日(月・祝)13:30~16:30
第2回 2018年7月21日(土)13:30~16:30
第3回 2018年7月25日(水)13:30~16:30
第4回 2018年7月26日(木)13:30~16:30
第5回 2018年7月29日(日)13:30~16:30
第6回 2018年7月30日(月)13:30~16:30
第7回 2018年7月31日(火)13:30~16:30
第8回 2018年8月3日(金)10:30~16:30
音楽ライブ 2018年8月4日(土)9:00~18:00

講師
はれこ(URBAN RESEARCH特別講師)
古川聡子((URBAN RESEARCH特別講師)
オサレカンパニー

会場:千葉市文化センター 9階 会議室
(千葉市中央区中央2-5-1・千葉中央ツインビル2号館)

参加費
各コース6,000円(資料・材料代)

お問い合わせ
千葉市文化センター(千葉市文化振興財団)
043-221-2411

http://www.f-cp.jp/CulturePF/lecture/lecture_view_detail.php?REG_ID=218

【ハロー千葉】

Page top