第二次世界大戦後のパリを舞台に若者の姿を描く 劇団四季『パリのアメリカ人』

By -  公開:  更新:

ニッポン放送しゃべる編集部では、話題のニュース、エンターテインメント情報をお伝えしている。今回は、劇団四季の最新ミュージカル「パリのアメリカ人」の情報を紹介する。

1月19日(土)、東急シアターオーブ(渋谷区)にて、最新作『パリのアメリカ人』の最終通し稽古が行われ、報道関係者に、初めて舞台が公開された。

ミュージカル『パリのアメリカ人』は、1952年にアカデミー賞を受賞し、“アメリカ音楽の魂”と称されるガーシュウィン兄弟の代表曲が散りばめられた同名映画に想を得た作品。ロイヤル・バレエ団アーティスティック・アソシエイトとして、『不思議の国のアリス』『冬物語』等、数多くのバレエ作品を手掛けるクリストファー・ウィールドンが演出/振付を担当し、2014年にパリ・シャトレ座で初演された。翌2015年にはブロードウェイ・パレス劇場に進出。同年のトニー賞で振付賞、編曲賞、装置デザイン賞、照明デザイン賞の4部門を獲得した。第二次世界大戦直後のパリに生きる若者たちの愛と友情と夢を描いた物語を、スタイリッシュなダンスとイマジネーション豊かなビジュアルで表現。その高い芸術性には、多くの評価と称賛の声が寄せられている。

最終通し稽古は、本番同様に稽古が進行。クリエイティブスタッフや出演キャストによる入念な最終チェックが行われた。『パリのアメリカ人』は、1月20日(日)、東急シアターオーブ(渋谷区)で開幕。その後3月19日(火)からKAAT神奈川芸術劇場<ホール>(横浜市)にて上演する。

<ジェリー・マリガン役 酒井 大(さかい だい)>
これまでバレエダンサーとしてバレエ作品に出演してきましたが、今回この舞台に挑戦する機会をいただき、大変光栄です。クリストファー・ウィールドンさんが手掛ける振付は、これまで経験したことがないほど斬新であり、非常に難しいもの。この美しいダンスを通してジェリーという役、そしてこの作品の魅力を余すことなくお客様にお届けできるよう、精一杯演じたいと思います。

<リズ・ダッサン役 石橋 杏実(いしばし きょうみ)>
劇団四季の新作という大舞台で、ヒロインのリズ役を演じることができ、光栄に思うと同時に身が引き締まる思いです。この作品は第二次世界大戦後のパリを舞台に、戦争で受けた傷を抱えながらも、前を向いて生きていく若者たちの姿が描かれています。リズは求められていることをすべきか自分の心に従うべきか思い悩む、ひとりの女性。この役を通して作品のドラマをしっかりお届けできるよう、一回一回の舞台を誠心誠意務めてまいります。

ミュージカル『パリのアメリカ人』 公演概要

◇公演期間
2019年1月20日(日)開幕
【東急シアターオーブ】 1月20日(日)~3月8日(金)
【KAAT神奈川芸術劇場<ホール>】 3月19日(火)~8月11日(日・祝)
※5月31日(金)公演分まで発売中

◇会場・料金
東急シアターオーブ(東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ11階)
(全て税込)S席11,880円/サイドS席11,880円/A席8,640円/B席6,480円/サイドB席6,480円
C席3,240円(「四季の会」会員S席10,800円/サイドS席10,800円)

KAAT神奈川芸術劇場<ホール>  (神奈川県横浜市中区山下町281)
S席11,880円/A席8,640円/サイドA席8,640円/B席6,480円/サイドB席6,480円
C席3,240円/サイドC席3,240円/サイドイス付立見席3,240円(「四季の会」会員S席10,800円)

◇予約方法
ネット予約 SHIKI ON-LINE TICKET  http://489444.com(24時間受付)
電話予約  劇団四季予約センター 0120-489444(午前10時~午後6時) 他

◇お問い合わせ
03-5776-6730 <1月27日(日)まで>
0570-008-110 <1月28日(月)より>
※1月28日(月)より、お問い合わせ番号が変更となります。

Page top