同じ1992年デビューのaccess浅倉大介・貴水博之と原田龍二が同世代トーク

By -  公開:  更新:

ニッポン放送「原田龍二DAYS」(6月19日放送)に、access浅倉大介・貴水博之が出演し、原田龍二と同世代トークを行った。

働く人にスポットをあててお送りする『DAYS』。水曜日を担当するのは、俳優の原田龍二。ゲストコーナー『午後のアポイントメント』には、accessの浅倉大介と貴水博之が登場。

1992年、浅倉大介ソロ・アルバム制作中に「access」を結成し活動開始。1stシングル「VIRGIN EMOTION」をリリース。1994年にはNHK「第45回 紅白歌合戦」初出場。翌年1995年に活動休止。その後、それぞれのソロ活動開始を発表。7年後の2002年、ニューシングルで「access」活動を再開。2019年5月にツアー「access ELECTRIC NIGHT 2019」が終わったばかりだが10月からは次のツアー「access TOUR 2019 AUTUMN」もスタートするaccessの二人。

そんなaccessの二人と原田龍二は、実は同じ1992年デビュー組!

「当時と全くお二人が変わっていない!デビュー当時わたしも恥ずかしながらちょっと歌をやっていて、その時に音楽雑誌で記事なんかもしょっちゅう拝見していたので、勝手に親しみを感じていたんです!」

と親近感を持っていたことを明かした原田。それを聞いたaccessの二人も、

「初めてですよね!お会いする機会もなかったですよね!」

とやっと会えたことに嬉しそうな様子。同世代であり、同じ年にデビューした三人は、共感できることも多い。ちょうど先日50歳を迎えた貴水は、

「一瞬ビビりますよ!自分が50になると思うと!なかなかアンビリーバボーなので!特にこれといって迎えたら、何も変わらないんですけどね!最近は全然、言えますけどね!」

と50歳を迎えての心境を告白。現在48歳の原田も興味津々で聞き入っていた。同世代だからこそのトークで盛り上がる三人だが、浅倉から原田に何とプレゼントが!

「実は今日、お土産を持ってきたんですよ!番組でペットのコーナーもあるということで、僕ゴールデンレトリバーを飼っていて、毎年日めくりカレンダーを作っていて、ただの親バカグッズなんですけど…」

カレンダーを貰った原田が、「僕もペット飼いたいんですよ…。」と明かすと、「犬派ですか?猫派ですか?大きいの?小さいの?」と朝倉が質問攻めで話は尽きなかった。

番組情報

DAYS

毎週月曜〜木曜 13:00-16:00

番組HP

『DAYS』=「日々」「お昼」「午後」… “働く人の日々の喜怒哀楽”がテーマです。世の中にはいろんな人々の、いろんな日々があります。そんな日々の嬉しかったこと、悲しかったこと、仕事のこと、家庭のこと。そんな「働く人のDAYS」をお届けします!
(月)安東弘樹DAYS/(火)中川家DAYS/(水)原田龍二DAYS


Page top