4人の息子の父親・中山秀征は家庭での居場所がない?

By -  公開:  更新:

ニッポン放送「中川家DAYS」(6月25日放送)に、タレントの中山秀征が出演し、子育てについて言及した。


働く人にスポットをあててお送りする『DAYS』。火曜日を担当するのは、中川家の二人。ゲストコーナー『午後のアポイントメント』には、“ヒデちゃん”こと中山秀征が登場。中山がデビューしたのは、芸能界が最も華やかだったバブル期の真っ只中!

「1985年にデビューしたんですよ!『いただきます』というフジテレビの生放送でアシスタント!それがね、僕17歳の時ですね。その年の秋に初主演作、『ハーフポテトな俺たち』が始まるのね?そしてさらに、その年の秋に、オールナイトニッポンも始まったんです! その時に18歳で!確か史上最年少だったんじゃないかな?!きょう学校で何があったかのかを話していた!」

10代で芸能界に足を踏み入れ、昭和から平成、そして令和でも、芸能界の第一線を走り続ける中山。そんな中山も家庭では、良き父親。

「全然家庭ではダメ!ウチ子供4人いるんだけど、1番上が大学生ですから!大学3年生!あとは高1、中2、中1で全員男の子!全員が揃った時、大変な騒ぎだよ!デカくてもう!月に40キロくらい米炊いている!米を炊いても、炊いても、無くなるんだよ!洗濯物を洗っても、洗っても、洗濯だからね!」

と男4人の父親ならではの悩みを告白。さらに家庭の中では居場所がないと語る中山。

「家だと母親が色々やっているから、家のことはカミさんに任した方がいいし…そうすると俺の居場所って何だろうって時々思うんですよ!行く先々でカミさんとぶつかるってあるじゃん?動線全てぶつかる!何通りもあるのに!みたいな!全部逆行しているみたいな!家でもさ、バミリとかつけて欲しいんだよね…」

家庭でのお父さんあるあるを聞いた礼二は、

「あれ?もう帰っていたの?と言われる時もある!あれは何なのかわからない!」

と自身の家庭での話を明かし、

「ホントにバミリ作って欲しい!」

と剛も共感していた。

番組情報

DAYS

毎週月曜〜木曜 13:00-16:00

番組HP

『DAYS』=「日々」「お昼」「午後」… “働く人の日々の喜怒哀楽”がテーマです。世の中にはいろんな人々の、いろんな日々があります。そんな日々の嬉しかったこと、悲しかったこと、仕事のこと、家庭のこと。そんな「働く人のDAYS」をお届けします!
(月)安東弘樹DAYS/(火)中川家DAYS/(水)原田龍二DAYS

Page top