あけの語りびと

締切迫る!あなたの「新しいチャレンジ」大募集!

By -  公開:  更新:

人生100年と言われる時代に、毎日をさらに豊かに過ごしたい。そんなあなたを応援するのが、三菱UFJ信託銀行の「NEXT Challenge」です。この企画では、あなたが大切な人に伝えたいと思うような「新しい挑戦」を大募集しています。日常がちょっと楽しくなるような小さな挑戦から、いつかは実現したいと思っていた大きな挑戦まで、是非、ご応募ください。

2018年よりスタートしたネクストチャレンジ、昨年は応募総数2,556通と大変ご好評いただき、今年は2年目となります。2019年8月1日からの募集開始以降、日々多くの皆様より想いが寄せられています。
「誰かの為にチャレンジしたいこと」について、200~400字でご応募ください。ベストチャレンジ賞(3名)に選ばれた方にはギフトカード30万円分、チャレンジ賞(5名)にはギフトカード10万円分、審査員特別賞(10名)にはギフトカード3万円分をプレゼント!締め切りは、2019年10月31日です。

ここでは、昨年の最優秀作品であるベストチャレンジ賞をご紹介致します。

今後も、妻の弁当を作り続けて行きたい。
東京都 男性 60代

職を辞し、妻の弁当を作り始め、33回となった。弁当の日は、株式市場を忘れ、弁当作りに専心する。弁当作りは、アートだ。自己の感性に従い、手持ちの材料から選び、色取りを考え、オカズに仕上げていく。オカズは「朱塗りの弁当箱」に盛付ける。妻が曽祖母から引継いだ木の弁当箱。それは、私のキャンバスである。黄色い玉子焼き、緑の小松菜、赤いミニトマト、紫のナスビ、オレンジ色のニンジンを絵の具にして、心に浮かぶ景色を描く。妻が蓋を開けると、「私の描いた景色」は、旋律を奏でだし、妻の「ワクワクとトキメキ」を呼び起こす。妻は、小さく賛美の声を上げ、「美味しい」と微笑みで応える。私は、少し照れながら、笑顔を返す。妻への弁当は、そんな瞬間と会話を紡いでくれる。私は、これまでの妻の労苦に感謝し、弁当を作り続けて行く。

応募方法や詳細は公式ホームページをご確認ください。(ホームページからもご応募できます。)
沢山のご応募、お待ちしております!

Page top