早田を日本女王に導いた“五輪落選後のサーブ練習”

By -  公開:  更新:

話題のアスリートの隠された物語を探る「スポーツアナザーストーリー」。今回は、1月19日、女子シングルスで東京五輪代表2人を撃破して初の全日本女王に輝いた、女子卓球・早田ひな選手にまつわるエピソードを取り上げる。

【全日本卓球選手権 女子シングルス決勝】女子シングルス決勝を制し、皇后杯の優勝カップを手に笑顔の早田ひな=2020年1月19日 丸善インテックアリーナ大阪 写真提供:産経新聞社

「これまで、頑張っても頑張っても、結果が出ないときがすごく多かった。そんなときでも、常にたくさんの方が『ひなちゃん、頑張れ!』って応援してくれた。絶対に恩返ししようと思っていました」

丸善インテックアリーナ大阪で行われていた卓球の全日本選手権は、1月19日、女子シングルス決勝が行われ、早田ひな(19)が優勝。初の全日本女王に輝きました。

準決勝では、シングルス2連覇中の伊藤美誠(19)を大激戦の末に4-3で下し、決勝では4度の優勝経験がある石川佳純(26)を4-1で撃破。

2人の東京五輪代表を破って初優勝を飾った早田は、伊藤と組んだ女子ダブルスと合わせ、2冠を達成。一方、女子ダブルス・混合ダブルスを制していた伊藤は、史上初の3年連続3冠制覇を逃しました。

決勝の石川戦は、サウスポー同士の対決となりました。早田は第1ゲームから11-7、11-9、11-4と3ゲーム連取で石川を圧倒。第4ゲームは石川に逆転され、9-11で落としましたが、第5ゲームでは持ち前の両ハンドを駆使して終始リード。最後はバックハンドで決めて11-8で勝利。初の栄冠をつかみました。

優勝が決まった瞬間、コートにしゃがみ込み、あふれ出る涙を隠そうとしなかった早田。試合後、涙の理由についてこう説明しました。

「東京オリンピックに選ばれなくて、今回、絶対優勝しようという気持ちがありました。(涙は)石田卓球クラブや家族への感謝の気持ちが影響したと思います」

1月6日、東京五輪・女子代表の3人が発表され、シングルス代表はすでに内定していた伊藤と石川が選出。さらに団体要員として、第3の代表には、早田と同い年の平野美宇(19)が選ばれました。

早田も候補の1人でしたが、団体のダブルスは石川の出場が濃厚で、そうなると左利きがかぶる早田よりも、右利きで国際試合でも石川とダブルスを組んで結果を出している平野の方が適任、という判断でした。

もちろん、状況が厳しいのは早田もわかっていました。

「自分、がんばってないなと思って」

五輪代表発表前、同い歳の伊藤と平野に先を越された現実を直視し、「逃げずに頑張ろう」と決意。4年後のパリ五輪を見据えて、いち早く動き始めたのです。

早田が年始早々、始動の場として訪れたのが、地元・福岡の石田卓球クラブでした。早田はここで4歳のときに卓球を始め、そこで出逢ったのが、現在も指導を続ける石田大輔コーチです。早田は年明け、石田コーチにこう伝えました。

「自分で限界を作らずにやってみたい。思いきって頑張ってみたいです!」

石田コーチはもともと、大手企業に勤めるサラリーマンでした。早田を世界に羽ばたかせるために会社を辞め、指導に専念。国際試合にも同行するだけでなく、体調管理にも気を配りました。ときには補食のためのおにぎりを握ったり、フルーツを用意することも。

そんなふうに、ときには父親、ときには母親のように接し、献身的に早田をサポートした石田コーチ。五輪落選後も、二人三脚で練習を重ねました。

そんな努力が実った、今回の初優勝。石田コーチも感極まり、涙ぐみながら、報道陣にこんなエピソードを披露しました。

ある日、石田コーチが練習場から帰ろうとした夜、練習場の光がついており「ひょっとしたら」と覗いてみると、早田が1人でサーブの練習をしていたそうです。

「(五輪代表を外れて)僕もしんどかったけど、(本人は)それ以上に苦しかったと思う。そんななかでも明るく楽しく、練習を頑張っていた。(今大会は)随所に練習の成果が出ていた。『頑張ったな』って褒めてあげたい」

初優勝を決め、ベンチに戻って来た早田に、石田コーチはこう声を掛けました。

「よく頑張ったね。よかったね」

ごく普通の言葉ですが、「それ以上の言葉はないと思った」と言う石田コーチ。挫折を糧に成長しようとする教え子と、陰で支える指導者。4年後、パリで2人の笑顔が見られることを期待しましよう。

Page top