伊藤健太郎「今だから言えるけど……」 朝ドラ『スカーレット』クランクアップに万感

By -  公開:  更新:

3月2日(月)深夜、俳優の伊藤健太郎がパーソナリティを務めるラジオ番組「伊藤健太郎のオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週月曜27時〜)が放送。NHK連続テレビ小説「スカーレット」に出演している伊藤が、先日クランクアップを迎えたことを報告した。

画像を見る(全3枚)

焼き物の里として知られる滋賀・信楽を舞台に、戸田恵梨香演じるヒロイン・喜美子が陶芸の世界で奮闘する姿を描いた「スカーレット」。同ドラマは3月28日に最終回を迎える予定だが、すでに撮影は終了している。喜美子の長男・川原武志役を演じた伊藤も、自身のインスタグラムでクランクアップを報告し、番組にはさまざまな反響が寄せられた。

今回が初めての朝ドラ出演となった伊藤は、撮影への名残惜しさを噛みしめながら、改めて現在の心境を明かした。

「終わりましたね、本当に……。大変でした。学ぶこともすごく多かったし、毎日撮影していたので、“川原武志”という人が僕の生活の一部になっていて。寝る前も、寝ているときも武志のことばっかり考えていました。

今だから言えますけど、ラジオが終わって、そのままの足で東京駅に行き、そのまま新幹線に乗って、大阪に行くという生活をずっと繰り返していたんですよ。本当に、ラジオのために東京に戻ってくるみたいな。そんな生活をしていたので、何をしていても頭の中に武志がずっといるわけです。武志が言う言葉が頭の中でぐるぐるしていて。それはネガティブな意味じゃなくて、武志をやっている上では、すごくプラスになっていたんですけど。それが終わってしまい、武志から離れるのがすごく寂しいなという気持ちがあります。

生活の一部がなくなってしまったというのも、いまだに、今まで通りの武志を演じる以前の感覚に戻りきれてないというか。武志がすごく自分の中で大きくあったので、まだセリフを思い返してしまうことがすごく多いです」

これまでの撮影を振り返り、「武志のことが大好きだった」という伊藤。さらに、リスナーからの質問に答える形で撮影の裏話も披露し、残りの放送も心待ちにしてほしいと呼びかけた。

また、番組終盤には、3月23日(月)の放送で、この番組が最終回を迎えることが発表された。2018年4月から土曜日の月1回レギュラーとして始まり、およそ2年にわたって放送されたことを受けて、伊藤は「残り3回ですが、いつも通りの『伊藤健太郎のオールナイトニッポン0(ZERO)』をお送りできたらなと思っておりますので、みなさんも変わることなく、バシバシメールを送ってきて、バシバシいじってもらって、楽しくやりたいなと思っています!」と、熱い意気込みを見せた。

-----

番組情報

伊藤健太郎のオールナイトニッポン0(ZERO)

毎週月曜 深夜 3:00 - 4:30  ★2020年8月8日土曜日 深夜3:00~ 復活放送

番組HP

番組でオンエアする楽曲は、伊藤健太郎自らが選曲。アナログプレーヤーで自らの手でレコードを再生することもあります。若さがみなぎっていてチカラ強いけど、どこか抜けてて微笑ましい! そんな伊藤健太郎のオールナイトニッポンゼロ、ラジオのオンエアを楽しむもよし、radikoのタイムフリーで楽しむもよし!ミックスチャンネルの動画配信で、スタジオの様子をご覧いただいてもOKです。

Page top