菅田将暉、スクールカースト頂点役『35歳の高校生』を振り返る “ヤギみたいな笑い声”は脚本家も公認だった

By -  公開:  更新:

6月22日(月)深夜、俳優の菅田将暉がパーソナリティを務めるラジオ番組「菅田将暉のオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週月曜25時~27時)が放送。緊急事態宣言が明け、撮影の仕事が再開したことを報告するとともに、2013年に放送されたドラマ『35歳の高校生』(日本テレビ)の思い出を語った。

作品名はまだ明かせないが、先日、3か月ぶりの撮影があったという菅田。現場では初めて会う若い俳優もいたことから、「変に声をかけるとかじゃなくて、芝居で、やっぱり背中で。カメラの外でいくら喋ったってダメなんですよ! やっぱり役者ってそういうものなんで。カメラの前で堂々と見せつけよう!(笑)」と、いつも以上に意気込み。

ところが、カメラテストのアドリブで「ワー!!」と大声で叫び、たった1回で声が枯れるという痛恨のミスで、「(アドリブが)採用されたからよかったけど、アドリブで叫んで声をからすって、本当に恥ずかしいスタート。後輩の彼から見たら、僕はどういう風に見えていたのかな……」と、落ち込みながら回想。

菅田は「久々に思い出した」と、芝居を始めたばかりの頃についても振り返り、米倉涼子主演の、いじめや“スクールカースト”といった問題を取り上げた、学園ドラマに出演したときのエピソードを語った。

「『35歳の高校生』で、僕はスクールカーストの頂点みたいな生徒役だったんです。クラス内を牛耳って、みんなをビビらせるような役で。台詞を喋り出す前って、“自分はここから喋りますよ”っていう空気を作ることが大事だから、話す前に椅子を蹴ったり、ワンアクションがあるんです。だけど台本には、“椅子を蹴る”とかそういう指示は何も書いてないわけです。

その頃、僕が調子に乗ったことが一個あって、あのドラマで笑い声を変にしていたんです。ヤギの鳴き声みたいにブハハハハ……って(笑)。監督から言われたわけじゃなく、勝手にね。生徒も20数人ぐらいいるし、役の個性はみんな自分で勝手に作っていくものなんですよ。

で、これがえらいもので、その笑い声を続けていたら、『正光』っていう役名だったんだけど、3話ぐらいから『正光:(ブハハハハ)』って台本に書かれるようになったんですよ!『ああっ! 採用された! これで堂々とできるぞ!』と思って。台本に記載されるのが一つのステータスというか、脚本家さんや監督さんが『面白いな』、『あれは絶対やってね』って言われるのが一つの喜びだったりするわけです」

芝居を始めた当時、全シーンにアドリブを入れ、周りよりも一歩でも前に出ようとしていたそうで、“ヤギのような笑い声”が脚本家に公認されたときは、うれしくて仕方がなかったという。

過去、アドリブは10個中1個採用されるくらいで、やり過ぎて「菅田さん……、普通にやってもらっていいですか?」と監督に言われたこともあったと、笑いながら明かしつつ、改めて撮影が再開したことに「なんか久々にお芝居して楽しかった」と語った。

番組情報

菅田将暉のオールナイトニッポン

毎週月曜 深夜 1:00 - 3:00

番組HP

映画・ドラマ・CM、そして歌手としても活躍する菅田将暉」が、毎週月曜日のオールナイトニッポンで2時間トーク!メールは毎週様々なテーマでお待ちしています。

Page top