杏子が感動した タクシー運転手の一言

By -  公開:  更新:

歌手の杏子が、ニッポン放送「高田文夫と松本明子のラジオビバリー昼ズ」(6月15日放送)に出演し、自粛期間中の私生活について語った。

新型コロナウイルスの影響で“ステイホーム”の期間が続く中、料理に精を出していたと明かした杏子。ただし、普段の食事は外食をする機会が多く、年に一度しか火を使わないとか。これを受けて高田は、「おせちかお前は(笑)」と、笑いを誘った。

そんな中、杏子は自粛期間中に“ウルッと感動した出来事”について語った。

杏子: タクシーに乗車した時に、運転手さんが「今は大変ですよね~」って声をかけてきたんですよ。まぁ、愚痴も言いたくなるよなって思って聞いてたんです。そしたら、「こういう時だからこそ、僕たち一人一人が頑張らなきゃいけないですよね」って。

高田: お互いがっていうこと?

杏子: そうです。「感染対策を徹底して、お客様に感染しないように心掛けているんです」って、すごくさりげなく話してくださったんだけど、目的地について停車した時に、体をこちら側に返しながら両手をグーにして上げて、「一緒に頑張りましょう!」って言ってくださったんですよ。

松本: それはウルッとしちゃいますね

杏子: “一緒に”っていう言葉に感動しちゃって、同じ日本人として頑張りましょうって言われたような気がして。

高田: 自粛期間中で人とのコミュニケーションが取れなかったからね。

杏子: タクシー業界も台数が減ったりして大変なのに、あんな風に言って頂いて、感謝してますね。

タクシー運転手の前向きな姿勢に励まされたと語った杏子。これを聞いた高田は、「そんな風に受け止められるあなたも、素敵だよね」とコメントし、杏子の素直な心構えに感心していた。

番組情報

高田文夫のラジオビバリー昼ズ

FM93/AM1242ニッポン放送 月~金 11:30~13:00

番組HP

高田文夫先生と、キャラクターの濃~いパーソナリティがお送りする「昼休みのお笑いバラエティー」ラジオビバリー昼ズ!

Page top