本田圭佑「本気で話すことは得意」新たな挑戦はラジオパーソナリティ!

By -  公開:  更新:

プロサッカー選手・本田圭佑が日本の真裏ブラジルから自身初のラジオパーソナリティに挑戦することが決定した。番組タイトルは「本田圭佑『NowVoice』」。プロのサッカー選手でありながら、SNSやYouTubeなどで自身が考えていることを言葉にして発信している本田だが、ラジオはなんとこれが初挑戦。現在、ブラジルでシーズン中のため、ブラジルと東京をオンラインで結んでの収録となったが、中高生へのメッセージや東京オリンピックへの思いなど熱い思いをラジオで語った。

©HONDA ESTILO株式会社

ニッポン放送特別番組「本田圭佑 『NowVoice』」8月27日(木)13時~14時30分放送

現在、ブラジル1部リーグのボタフォゴでプレーする本田圭佑。プロのサッカー選手でありながら、SNSやYouTubeで自身が考えていることを「言葉」にし、発信して注目を集めている。また、プレミアム音声サービス「NowVoice」を立ち上げて、新たな音声メディア事業もスタートさせた。そんな本田圭佑が新たな挑戦として選んだのが「ラジオパーソナリティ」。今回、ラジオパーソナリティは初挑戦となるが、音声メディアの可能性を感じており、また、音声メディアをもっと盛り上げたいという強い思いがあって、今回の特別番組への出演が決まった。

先日行われた事前収録では、本田はブラジルからリモートで収録。試合に出場した翌朝に遠征先のホテルから自身のスマートフォンを使い、自分で放送用の回線をつないでの収録となったが、最初は少し緊張気味だったものの、番組が進むにつれて勘をつかんだのか、本田節が随所に炸裂する展開となった。

収録では冒頭、初めてパーソナリティを担当するラジオについて、「みなさんの役に立つ話ができるか自信はないが、本気で話すことは得意。本気とか挑戦とか、何か苦しんでいる、何か壁を越えたいとか、少しでもそうした人の状況を打破するような話ができれば、僕がラジオをやる意義が果たせるかなと思っている」と熱く語った。

また、「今、中高生の年代に伝えたいこと」「コロナ禍のブラジル」「本田とメディア」「NowVoiceを立ち上げた思い」など、幅広いテーマで語ったほか、本田自身が出場を目指している東京オリンピックへの思いも明かした。東京オリンピックについては、「僕にとって出て当たり前」とまで言い切ったが、それはなぜか?自身のルーツを元に詳しく語った。

番組のコンセプトについて本田は「自分自身の挑戦している中身、背景も話していきたいが、それだけだとつまらない。素の自分を見せていきたい」とし、ラジオメディアならではの本田の「言葉」を聴くことができる特別番組となっている。

27日(木)の放送までにはNowVoiceで自身の声を発信しているトップランナーとの対談も収録する予定。対談ゲストは確定次第、ニッポン放送の各番組・公式Twitterで発表される。

NowVoiceとは:
本田圭佑がCEOを務めるNow Do株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:本田圭佑、以下Now Do社)、インターネットスポーツメディア「SPORTS BULL(スポーツブル)」を運営する株式会社運動通信社(本社:東京都港区、代表取締役社長:黒飛功二朗、以下運動通信社)が共同運営する音声サービス。

©HONDA ESTILO株式会社

<番組概要>
■番組タイトル:ニッポン放送特別番組「本田圭佑『NowVoice』」
■放送日時:8月27日(木)13時00分~14時30分
■SNSハッシュタグ:#本田圭佑ラジオ
■メールアドレス:nv@1242.com

◆この番組は、radikoのタイムフリー機能で、放送1週間後まで聴くことができる。
http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20200827130000

 


Page top