本田圭佑 初めてのレギュラー冠番組決定

By -  公開:  更新:

プロサッカー選手・本田圭佑が自身初の冠レギュラー番組「本田圭佑『NowVoice』」をニッポン放送でスタートさせる。プロのサッカー選手でありながら、SNSやYouTubeなどで自身が考えていることを言葉にして発信している本田が、本気で話す2時間。8月に放送した特別番組が好評につき、レギュラー化されることが決定した。

©HONDA ESTILO株式会社

ニッポン放送「本田圭佑 『NowVoice』」11月10日(火)スタート (ネット局では9月29日スタート)

8月27日に放送した特別番組「本田圭佑『NowVoice』」で初のラジオパーソナリティに挑戦した本田圭佑。番組のエンディングでアシスタントのニッポン放送東島衣里アナウンサーから「またラジオやってもらえますか?」と質問され、「やるつもりです!」と答えていた本田だったが、リスナーからの大反響を受け、早くも秋からのレギュラー放送が決定した。

本田は現在、ブラジル1部リーグのボタフォゴでプレーをしているほか、プレミアム音声サービス「NowVoice」など、同時に様々な事業に携わっている。そんな多忙を極める本田がレギュラー番組に挑戦するのは、本田自身が音声メディアの可能性を信じ、音声メディアを盛り上げることに使命を感じているから。

8月に放送した特別番組「本田圭佑『NowVoice』」(8月27日木曜日13:00-14:30放送)では、自身初のラジオパーソナリティを務めたが、ブラジルからのリモート収録であり、遠征先のホテルから一人で放送回線をつながなければならないなど、困難な状況だったが、見事に克服。「出る事が当たり前だと思っているオリンピックへの思い」や「メディアが苦手な理由」、「中高生年代の教育」など自身の言葉を電波で発信。ゲストに迎えたフィギュアスケートの宇野昌磨とのトークも大いに盛り上がり、SNS上では、宇野昌磨ファンからも喝采を浴びた。初めてのラジオパーソナリティに関しては「難しいですねぇ、勝手がわからない。今日はいつも以上に緊張していました。」としながらも、「まさに新たな挑戦やなと思いましたね!」「音声業界をラジオの皆さんと一緒に盛り上げたいので頑張ります!」とラジオパーソナリティへの意欲を見せていた。

2020年11月に始まるレギュラー番組「本田圭佑『NowVoice』」も、本田はブラジルからのリモート出演となるが、音声サービス「NowVoice」に参画するトップランナーを中心としたゲストトークはもちろん、リスナーからの質問に本田が本気で答えたり、直接リスナーと電話で話してみたり、素の本田でありながら新たな本田像を作り上げていく。

ラジオならではの本田圭佑の言葉は、聴き逃せない。

NowVoiceとは:本田圭佑がCEOを務めるNow Do株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:本田圭佑)と、インターネットスポーツメディア「SPORTS BULL(スポーツブル)」を運営する株式会社運動通信社(本社:東京都港区、代表取締役社長:黒飛功二朗)が共同運営する音声サービス。

©HONDA ESTILO株式会社

<番組概要>
■番組タイトル:ニッポン放送「本田圭佑『NowVoice』」
■初回放送日時:11月10日(火)19時00分~21時00分
(各ネット局向けには9月29日(火)スタート)
■SNSハッシュタグ:#本田圭佑ラジオ
■メールアドレス:nv@1242.com

 

Page top