巨人・原監督から見た他の5球団の監督「戦術・戦略をあまり使われない」

By -  公開:  更新:

プロ野球・巨人の原辰徳監督が、今シーズンのセ・リーグの他の5球団について語った。

10月19日(月)~23日(金)の5日間、毎日17時30分からの「ニッポン放送ショウアップナイター」では、プロ野球解説者の江本孟紀がインタビュアーを務める巨人軍・原辰徳監督の独占インタビューを放送。2日目の20日は、原監督から見た他の5球団について語られた。

江本:これだけの差がついたのは、ちょっと別の角度で見るとね、他の5球団もちょっと手応えなかったでしょう。ほとんど。

原:ん……まあ、そんなことはないんですけど……

江本:いやもう、ボロクソに言って……私が代わりに言うときましょう(笑)

原:例えば僕が若いとき、星野さんがいらっしゃったり、森さんがいらっしゃったり、山本浩二さんがいらっしゃったり、非常に戦略・戦術、そういうものに長けていました。落合さんもやっぱり、何か動かなくても、動いてくるんではなかろうかという雰囲気を出されていました。そういう部分からいくならば、(今シーズンは)戦術・戦略はあまり使われない監督さんが多かったかな、というところはあります。しかし使うからいいというものでもないですし。選手たちを僕自身はちゃんと理解してるという部分で、動かすことができてるっていうことだと思いますが。

江本:でもちょっと先発、(菅野の)他はちょっと苦しんだでしょう、これは。

原:メンバー等々を見てもですね、よく勝ってきてるなというものは、やっぱりどっかにありますね。

江本:そうですね。先発完投の能力はあってもなくても、そこのやりくりがね、菅野以外のところでやっぱり非常にうまくいったんじゃないかと思うんですけどね。

原:そうですね。まあ戸郷が一本立ちしてるように見えますよね。でもやっぱり僕の中では先発ピッチャーとしては、もうできたてのホヤホヤの、まだ高校生から2年目ですから、そこは大事に大事にいかないといけないなと。

江本:そうですね。

原:しかし、彼は弱音を吐かないんですよ。コンディションを作ることでも、いつでもファイティングポーズとるんですよ。細身ではあるけれど、まだ子供みたいな顔してるけど、非常に強さを感じました。

江本:あの細身がいいですよね。

原:ちょっと江本さんに似てますよね。感じがね。

江本:だいたい昔(のピッチャー)は、細いのばかりだったから。それで結構才能もあるしね。

原:ある。あるし、球も速いし。そして“課題”というものを(伝えるんです)。「今日はいいところはここだったね」と。「しかし、ここ、課題は残ったね」って言うとですね、やっぱりそこをね、もう完全に直してきますよ。やっぱりそういう目的意識っていうものが、若い人っていうのはやっぱり熱いんでしょうね。だから吸収もするんですよね。

Page top