紅白出場!三山ひろし「けん玉で47都道府県リモートリレーをやりたい」

By -  公開:  更新:

2020年12月31日(木)に放送される、『第71回NHK紅白歌合戦』に出場する演歌歌手・三山ひろしが、今年の“けん玉チャレンジ”で挑戦したい計画を語っていた。

昨日11月16日、『第71回NHK紅白歌合戦』の出場者が発表され、6回目の出場が決まった三山。紅白での三山といえば毎回、けん玉の記録に挑戦し話題をさらっているが、9月2日に放送された、ニッポン放送「春風亭昇太と乾貴美子のラジオビバリー昼ズ」に出演した際、三山は今年の紅白でやってみたい”けん玉チャレンジ”について熱く語っていた。

乾:今年、もし出場されることになったら、どんなことに挑戦したいですか?

三山:2年前くらいからあたためていた企画なんですけど、“47都道府県のけん玉リモートリレー”をやりたいですね

昇太:どういうこと!?

三山:全国で中継を繋いで、47人が順番にけん玉をやっていくんですよ。124人できたわけですから、47人できるはずなんですよね

目を輝かせる三山に昇太が一言。

昇太:でも、三山さん映らないですよ……

しかし、けん玉愛が溢れる三山は……

三山:僕はワイプでいいです!

誰もが憧れる紅白歌合戦で、映らなくてもいいから、けん玉をやりたいという並々ならぬ決意を明かす。

三山:すいません、言い過ぎました……やっぱり映してほしいです(笑)

乾:ハッハッハ(笑)

昇太:大きめのワイプでね

三山:そうですね。半分くらいは……

三山:こういうご時世だからこそ、離れていても繋がれるというところを見せたいですね

乾:日本を一つに!

三山:そうです! けん玉で日本を一つにしたいですね! まぁ、(紅白に)出られるか分からないですけど(笑)

そして見事紅白出場を決めた三山。

けん玉のけんと玉が紐で繋がれているように、日本全国を一つに繋ぐのは、三山のけん玉かもしれない。

番組情報

高田文夫のラジオビバリー昼ズ

FM93/AM1242ニッポン放送 月~金 11:30~13:00

番組HP

高田文夫先生と、キャラクターの濃~いパーソナリティがお送りする「昼休みのお笑いバラエティー」ラジオビバリー昼ズ!


Page top