伊藤蘭~2021年は歌手としてアルバムをつくりたい

By -  公開:  更新:

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に歌手で女優の伊藤蘭が出演。今後の目標について語った。

伊藤蘭

黒木)今週のゲストは歌手で女優の伊藤蘭さんです。12月9日にソロとして初めてとなるシングル曲「恋するリボルバー」を配信リリースされました。この曲は直球ですよね。

伊藤)直球ですね。この曲は私が当事者として歌うよりも、若い女の子に向けてのエールのような気持ちで歌えるのではないかということと、それほど若くない方にも元気になっていただけるような雰囲気の曲だと思います。幅広い年代に楽しんでいただけるのではないでしょうか。

黒木)「ソロとして初めてのシングル」というフレーズが新鮮なのですが、そうなのですね。

伊藤)そうですね。

黒木)これからも、いろいろリリースして行かれる予定はあるのですか?

伊藤)そうですね。昔みたいに3ヵ月に1曲という時代ではないのですが、やり始めたからには、やって行きたいと思っています。

黒木)それからコンサートも。

伊藤)今年(2020年)叶わなかった分も、来年、どこかでできたらいいなと思っています。

黒木)振りを忘れないように。

伊藤)頑張ります。

黒木)来年に向けてコンサートを考えていらっしゃるということですが、あとはどんなことを考えていらっしゃいますか?

伊藤)歌に関しては、アルバムもつくりたいと思っています。まだ漠然とですけれども。

黒木)プライベートではどうですか?

伊藤)自然のなかに行って、美味しい空気を吸いたいと思うことはあります。

黒木)いまは旅行に行くことが、不便になっていますけれども。

伊藤)そうなのですよね。

黒木)散歩などされるのですか?

伊藤)たまに空気を吸いに出ることはあります。

黒木)健康維持のために何かなさっていますか?

伊藤)1週間に1度くらいはジムに行って見ていただいたりしますが、私はすぐにサボるのですよね。

黒木)そうなのですか(笑)。

伊藤)だから、それを戒めるというか、先に「この日は行く日」というのを前もって決めてしまって、サボらないように、逃げられないようにしています。

黒木)それが健康維持。

伊藤)自分を奮い立たせるというか。

黒木)あとはよく笑うと。

伊藤)笑いますね。

伊藤蘭

伊藤蘭(いとう・らん)/歌手・女優

■1973年、「キャンディーズ」のメンバーとして歌手デビュー。
■5枚目のシングル「年下の男の子」が初のヒットとなってからは人気沸騰。「春一番」「やさしい悪魔」などヒット曲を連発。
■1977年7月に解散宣言。1978年4月に後楽園球場でファイナルライブを開催。
■1980年、映画『ヒポクラテスたち』に主演。女優として芸能界に復帰。以降、映画・ドラマ・舞台など数々の作品に出演。
■2019年5月・歌手としてソロデビュー。アルバム「My Bouquet(マイ・ブーケ)」をリリース。41年ぶりに音楽活動を再開し、『伊藤蘭 ファースト・ソロ・コンサート2019』を開催。
■2020年2月からは『伊藤蘭コンサート・ツアー2020~My Bouquet&My Dear Candies!~」を開催(*一部公演は新型コロナウイルスの影響で中止)。
■2020年10月24日・25日「LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)」で行われたコンサートで初披露された新曲「恋するリボルバー」が、ソロ・アーティスト・伊藤蘭の初シングルとして12月9日に配信リリースされた。

番組情報

ENEOSプレゼンツ あさナビ

毎週月曜〜金曜 6:43 - 6:49

番組HP

毎朝、さまざまなジャンルのプロフェッショナルをお迎えして、朝の活力になるお話をうかがっていく「あさナビ」。ナビゲーター:黒木瞳


Page top